2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2009年08月27日

2レースの結果。

第9回富士山クロスカントリーの結果がアップされた。
10km男子の部で82位/610人。
と、この大会、昨今のマラソンブームに逆らって
参加者が100人も減っている。(ちなみに昨年は201位/710人)
昨年の運営のまずさからか、あの坂が敬遠されたのか。
10km男子以外の部は微増していて10km男子だけが減。
頑張れ男子。

ただし今年は昨年の反省を行かして
分かりやすい?コース設定(単調になってしまったが)、
不正防止のチェックポイントを置くなどだいぶよくなっていた。
(せっかくならそこの通過LAPも教えて欲しいものだが)
去年よりはだいぶマシになったと思う。

問題点を上げれば給水地点の表示?
どれがスポーツドリンクでどれが水かが分からなかった。
なので数回アミノバリューを頭からいってしまった・・・
紙コップを変えるとか分かりやすい表示にするとかして欲しい。

あと凄いと思ったのはWアミノバリューのペットボトルを
定価で売っている場所から50Mくらいのところで
水のようにポリバケツにWアミノバリュー入れる豪快さ。
それを無料で配って・・・そんな事したら買うやついないだろ。
あのポリバケツ一杯、3万円分くらい入ってたかな。


第4回葛西ナイトマラソンの結果もアップされていた。
こちらは98位/1279人。
飛賞がもらえた80位まであと18人、
時間にして44秒、後半もうちょっと頑張れれば、
もしくは前半もう少し抑えて後半粘れれば・・・
って44秒ってやっぱり結構なタイム差だな。。。


10kmのレースは疲れるからもういいかな。
って10月に1本入ってたな。
posted by Liu at 22:39| Comment(4) | 日記

ネックレス系アイテムの効果。

ネックレス系のアイテムはファイテンから始まって
チタン系とか色々買って最近まではCHO-ETSU MAXをしていた。

が、効果も感じないし走っていると結構動いて
邪魔なので最近はつけてない。
で、つけても着けなくても何も変わらないと僕は思ってた。
体感する事は難しいと。

が、夏休みの遠足時にすごい肩凝りになって、
何日もそれが取れなくて
床に転がっていたCHO-ETSU MAXをとりあえずつけてみた。
すると翌日・・・不思議に肩凝りが治っていた。

ただそれがCHO-ETSU MAXの効果なのか、
同じ日からはじめたストレッチポールの効果なのか、
ただ単に時間の経過で治ったのかもしれない。

ただ走る時に邪魔なのは変わりないのでつけずに、
今は部屋にいる時、寝るときだけしている。


でも・・・本当に強い選手はつけなかったり、
ただ重いだけの金のネックレスをしていたり、
(金は効果があるとも言われてたりもするけど・・・)
本当に効果があるなら選手はみんな使うだろうし、
やっぱりプラシーボ効果なんだろうな。
posted by Liu at 09:11| Comment(2) | 日記