2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2009年11月01日

風が強く吹いている。(映画)

「風が強く吹いている」を見てきました。
面白い小説を映像化すると大概はしょぼくなります。
「一瞬の風になれ」とか酷かったですが・・・

今回の「風が強く吹いている」は評判も上々なので楽しみ。
が、いきなり最初から違う・・・と原作を思い出しながら見る。
その後も所々僕の記憶と違うシーンが続くき、
いろんな重要なシーンがカットされていきますが・・・
まぁ仕方ないといえば仕方ない。
実際、この小説をまんま映像化したら何時間になるんだろう。
1時間ドラマで2クールくらい必要?

まぁそれはおいといて・・・

カケル約の林遣都君の走りは本当に速そうで、
ってかたぶんかなりのスピードで走ってます。
僕より余裕で速そうです。
他の出演者は・・・
だからかカケルの走るシーンが多かったのかな。

あと気になったのは・・・
ウェアが最初はミズノ、ナイキ、アシックス、その他から始まって
最後の方ではほとんどがミズノ。
エンドロールではミズノが衣装協賛で出てたんだけど。
シューズは合宿シーンでは全員がアシックスをはいてるけど、
その他のシーンではほとんどがミズノのシューズに・・・・
なにかあったのだろうか。
まぁいいか・・・



僕的にはこの小説って箱根駅伝出場までのストーリーが大切で
箱根駅伝のシーンはそんなに重要じゃ無いんだよね。
映画だとやっぱり箱根に重点を起きたいんだろうね。
有名だし、道路を封鎖したりでお金かかってそうだから。

ただ箱根のシーンでも小説と同じ場面でうるうるしたり、
はまっちゃてる僕もいるのですが(^^ゞ
全体的には面白かったです。
でもやっぱり小説の方が面白いので
そのうちもう一度読み直そうと思ってます。
posted by Liu at 12:21| Comment(2) | 日記