2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2010年02月07日

エスティーム その19

今日はお昼にエスティームへ。
アキレス腱の状態はだいぶよくなり歩行時の違和感は
感じなくなりました。
んなことをつたえてマッサージ開始。

今日も左足中心にマッサージをしてもらっていると
水曜日と同じ声が隣の隣から・・・よく会いますね(^^)
なんて思いつつ、マッサージをすすめて行く。
一通り終わると今日も鍼。
いったい何箇所さすんだよってくらいプスプスと。
30箇所?いや40箇所?
左足のいたるところをさして・・・終了。


アキレス腱の状態は触った感じでは悪くないみたいです。
それよりもスネの筋肉がヤバイみたいです。
故障するとそこをかばって他の箇所に無理をかけちゃうんだな。

とりあえず明日からジョグ再開しようかな。
あと1週間か・・・何ができる?
考えよう。
posted by Liu at 17:36| Comment(0) | 治療・ケア

白夜行。

「白夜行」を読み終えました。
とにかく長いです。
普通の文庫本の3冊分くらいあるんじゃないかと言う分厚さ。
800ページ以上あります。
その長さを感じさせぬストーリーの展開なのですが・・・


何年か前にTVでやってて、実際には見てないのですが
CMなどで流れていた綾瀬はるかと山田孝之のシーン?
それらからイメージしていたのとは全然違いました。


んで、実際の内容は・・・
途中から裏で雪穂と亮司の悪巧み?関係性とかが分かります。
で、何処で描かれて、どう種明かしして行くんだろうと
読み進めて行くのですが、結局は何も書かれずじまい。
文章にはせずに読者に感じさせることを目標としてるの?
いや、裏読みしてどうして、どのようになど感じられるのですが・・・
読者に頼りすぎじゃねぇ???
雪穂と亮司の絡みが全然描かれてない事とか
狙ってそうしたんだと思うんですが・・・スッキリしない。

そもそも雪穂と亮司の二人に全然魅かれないんですよね。


昭和の懐かしさは覚えました。
僕が小学生の頃、うちにはPC-8801MK2-SRがありました。
ゲームしかしてませんでしたが。。。
posted by Liu at 10:04| Comment(4) |