2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2010年07月06日

突電。

昨日、会社を出て帰ろうとすると親から電話が・・・

「今、木更津にいる。20時半くらいに川崎に着く。
川崎のホテルを取ってくれ。」

んな事を急に言われても・・・

車で移動してるから駐車場付じゃないといけないし、
車高が高いからそれにあう駐車場を探さないといけないし
んで携帯でホテル探し。
ある程度探してURLをメールに貼り付けてPCに送る。

帰宅後、PCで詳しくチェックしてみると・・・
なんだここ昨年来たときに泊まったところじゃん。
めんどくさいからここでいいや。
電話して駐車場の空きを確認して予約。

両親が無事にホテルに到着したのを確認して自分も川崎に移動。
今年2月に会ったばかりなのでそんなに変わるわけもなく、
1時間ほどお茶して帰宅。



来るなら来るって前もって言ってもらわないと
こちらにもいろいろと予定とか準備とか・・・
せめて前日には連絡ください。




ツール情報
昨日も落者続発。
シュレク兄弟もあいついで落者。
スペアバイクがもうないとか。
マイヨジョーヌもシャバネルに移動。
集団は頑張れば1,2分差までつめれたと思うけど3分差でゴール。
総合勢にとってシャバネルは敵じゃない???
果たしてクイックステップは集団をコントロールできるのか???
posted by Liu at 12:09| Comment(0) | 日記

2010年07月05日

ツール2010開幕。

土曜日にツール・ド・フランスが開幕しました。
録画しておいたのを日曜日の札幌ーハーフのあとに見ました。

初日プロローグは個人T・T。
ラスト3人の走りには熱くなりました。
その3人はランス、カンチェラーラ、コンタドール。

ダンシングで熱い走りをするランスは相当気合が感じられ
身体もかなり絞ってキレキレの様子。
そしてタイムは・・・なんと4位!!
なんと言う38歳、本当に1度引退したのか?

コンタドールはやはり調子がいまいちなのか
タイムがあまり伸びない、それでも6位なのですが。
ランスにも5秒差で負けてしまいました。
この結果でもランスの調子のよさが分かります。

そして異次元なのはこの人、ファビアン・カンチェラーラ。
期待されて期待通りに圧勝してしまうカンチェラーラ、
カッコよすぎでしょう。

これでしばらくマイヨジョーヌは
カンチェラーラがきることになるでしょう。



2日目の第1ステージ。
昨日は落車の嵐でした。
オランダステージには落車がつきものなのか???
カヴェンディッシュは昨日も落車してました。

そんな落車ステージをかいくぐって勝ったのは
ペタッキ!!
なんと7年ぶりのステージ優勝だとか。
おめでとう!!


んで今日は今年は初の山岳ポイントもお目見え。
後半はアップダウンの連続。
もしかしたら総合争いにも動きがあるかも。

眠れない熱い夜は続きます。
posted by Liu at 12:03| Comment(0) | 日記

2010年07月04日

WGH スピードチャレンジ。

今日は舎人公園陸上競技場へ。
WGHが主催するランニング教室に参加。
今回で一応終了?

んで、練習開始。
アップ、準備体操、動き作り、流しをやってから
今日のメインメニューへ。
メインはレペテーション、3000+1000+400+400。
3000、1000のつなぎは5分Rest、1000-400のつなぎは3分Rest、
400-400のつなぎは200Mジョグ。

とりあえず1番上のチームに入ってみるも散々な・・・σ(^◇^;)

3000M:11'57"(3'59"-3'48"-4'10")
1000M: 3'39"
400M:78"-85"

最初の3000ではビルドアップについていけずに失速。
次の1000も1人遅れて走り、400では下のクラスに落ちて、
400の2本目は・・・さらに失速、失笑。
とにかく暑くてどうにもこうにもなりませんでした。

北丹の人達大丈夫だったかな???



帰宅後、札幌ハーフをTV観戦。
加納さんおめでとう!!
posted by Liu at 16:51| Comment(3) | 日記

2010年07月02日

第6回葛西ナイトマラソン。

昨年よりも1ヶ月以上早い開催。
葛西臨海公園駅に降り立つと・・・意外に涼しい。
昨年は41分台で走ったこのレースだが
今年の目標は45分。
ってかSWACの火曜練の感じだと45分でも走れる気がしない。
まぁいい、とりあえず突っ込んでみるかと思う。

会場で着替えてスタート付近にいくとSWACの面々に挨拶。
僕はと言えばこれからレースって緊張感もなく時計もしていない。
最近ラン中は付けている携帯もなしで。
50分予定の所に並ぶ。

んで、19時30分、スタート。

う〜んやっぱり走ると暑いな。
どのくらいのペースかも分からずどんどん人を追い抜いていく。
抜く割には全然抜かれない。
なんか調子いいなと思いつつ1周目終了。
時計を見ると19分50秒くらい。
なんか速くない?
こんなんだったら前の方に並んでおくんだった。。。
2周目に上げてよくが出てさらにペースを上げると脇腹痛が・・・
一気にペースダウン。。。
19時35分スタート組みの速い人達に抜かれて行く。
SWAC Kさんにも抜かれてついて行こうかと思うも・・・脇腹が・・・

ラスト100Mだけペースを上げてゴール。
タイムがわからないけど40分台でた??
と思うもそんな訳がなく・・・
記録証に印刷されたタイムは43分22秒
昨年より2分落ち。
まぁ現状ではこんなもん、スピード練やってないしね。
その割に前半は走れてるし、まぁいいかな。



次は本番、3週間後の富士登山競走。
こっちは死ぬ気で走ります。
いや登ります。
posted by Liu at 23:14| Comment(4) | レース

ツール・ド・フランス2010

いよいよ明日からツール・ド・フランスが開幕します。

昨夜、中途覚醒で夜中に目が覚めてTVつけたらちょうど
チームプレゼンテーションでランスのインタビュー。
そのあとサクソバンク、アスタナをLiveで
HTCコロンビアをVTRで見れました。
ありがとう不眠症(自爆)。



んで今年のツールは・・・



今年もBBOXブイグテレコムからは新城選手が出場。
今年もいい走りを期待しちゃいます。
ステージ優勝いけますよね!?


優勝候補筆頭はやっぱりコンタドール。
今年も圧倒的な差を見せ付けて優勝してしまうのか。
ただクリテリウム・ドゥ・ドーフィネではそんなに調子が
よくなさそうだったけど。
同チームのヴィノに足元すくわれたりして。


対抗馬はサクソバンクのシュレク兄弟。
なかでもお兄ちゃんフランクに注目。
今年は直前のツール・ド・スイス、
ルクセンブルク・ロード選手権を制して絶好調。
でもエースはやっぱり弟アンディかな。


今年が最後と言っているランスは??
強力なアシスト陣を率いて総合優勝を狙います。
昨年は復帰していきなり3位だから・・・
やっぱりすごいよな・・・
レディオシャックはブライコビッチとかも面白い。

その他、ジロを飛ばしてツールにしぼったデニス・メンショフ、
そのジロを制したイヴァン・バッソ、
そのバッソのチームメイトのロマン・クルイジガー、
そのあたりかな。

マイヨヴェール争いも面白い。
嫌われ者?のカヴェンディッシュは今年はとれるか?



んで初日のプロローグは個人T・T。
カンチェラーラの圧勝か?それとも・・・



7月も熱い夜が続きます。
また寝不足が続きそうです。
posted by Liu at 12:05| Comment(0) | 日記

2010年07月01日

2010年6月読本。

6月に読んだのは下記の6作品。

・強奪 箱根駅伝/安東能明
・1Q84 BOOK3/村上春樹
・青森ドロップキッカーズ/森沢明夫
・フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人/佐藤友哉
・ジェネラル・ルージュの伝説/海堂尊
武士道セブンティーン/誉田哲也


・強奪 箱根駅伝/安東能明
サスペンス物。
人質は箱根駅伝?そんな話がすぐに始まるのだが
読みながら後半が気になってしょうがない。
その前半部分がちょっと長いかな。
ラストの方では駅伝も熱く描かれていてますますはまっていく。
「優」評価でもおかしくない作品。


・1Q84 BOOK3/村上春樹
もともとハルキストでもないので面白さがいまいちわかっていない僕です。
どこに向かって進んでるんだろう。
次のBOOK4で終わりかな?
とりあえずは4も読むとは思いますけど。。。


・青森ドロップキッカーズ/森沢明夫
久しぶりに電車の中で泣いちゃいました。
やぱりスポーツ青春ものに弱い僕です。
カーリングの話なんだけど・・・
途中の展開とか疑問はありますが、まぁいいです。


・フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人/佐藤友哉
う〜ん、いまいち意味が分からなかった。
僕の読解力のなさかもしれないけど・・・
これシリーズものらしいんだけど・・・たぶん読まないかな。


・ジェネラル・ルージュの伝説/海堂尊
凱旋の外伝?
凱旋の話の前後の話と著者の歴史と
今までの海堂作品の解説、それぞれに面白い。
次に文庫化されるのは・・・ジーン・ワルツかな。
ジーン・ワルツは映画が来春公開とのこと。


武士道セブンティーン/誉田哲也
やっぱりこれ面白い。
主人公2人のキャラクターが良く、その周りの人物像も良くできている。
キャラが立っている物語は面白くなる。
シックスティーンに続いて2作連続の「優」。
こうなるとエイティーンにすごく期待。



6月も最後に「優」作品。
感謝感謝。

半年終了で42冊、年間100冊は遠いね。
posted by Liu at 12:08| Comment(0) |