2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2010年07月24日

第63回富士登山競走。

前日の18時10分の高速バスで20時に富士吉田入りのはずが・・・
三鷹での事故渋滞で到着が遅れ・・・20時40分着。
前日受付は21時まで、そりゃ走りますよ。
でなんとか21時3分前に受付を済ませ、コンビニで晩ご飯、
朝食を購入してからホテルへ。

そんなドタバタした前日を過ごしてレース当日。

6時30分、スタート地点に並びます。
ちょっと出遅れたためBブロックの真ん中辺りに並ぶ。
集団の中、気温がどんどん上がっていく。

7時スタート。
予定通り突っ込んで入ったつもり。
「すんげー調子いいな」くらいに思ってた。
ただ気になるのは気温たかさ、汗の量が半端ない。
スタートから35分、予定では中の茶屋を通過のはずだが・・・
影も形も見えない。あれ?なくなった?
んな訳は無く、予定から4分遅れて・・・
中の茶屋通過:39分04秒
それでもまだ「中の茶屋って移動した?」と信じられない。
しかもそこからはもうペースが落ちはじめる。
予定では1時間、昨年1時間3分弱で通過した馬返ではさらに遅れ
馬返し通過:1時間9分38秒
馬返し以降は歩きが多くなるから昨年のペースに戻るだろう。
昨年はこの区間、54分で通過してるから関門は余裕だろうと・・・
甘かった。
息が上がる、給水が追いつかない、ボトルの水もすぐなくなる。
馬返し通過から55分、5合目はまだ先・・・あれ関門は?
富士五湖に続き、再び関門との戦いになるとは・・・
5合目通過:2時間08分50秒
昨年のペースはなんだったんだ?
気温の違い?4kgの体重差?練習量の違い?
今更ながら自分の甘さに・・・と、そんな事を思う余裕も無く。
とりあえず前に進む事だけを考える。
給水以外では止まらない。
7合目移行の未知の世界もひたすら進む。
道なき道をひたすらはって進む。
が、進んでも進んでも8合目関門が見えてこない。
5合目と同じくダミーの山小屋が僕のやる気を削いでいく。
この辺から頭もボーッとし始めてなんどか岩場でふらつく。
そして・・・
8合目通過:3時間48分05秒
あれ?これって完走できるタイム?あとどれくらいかかるの?
考えても頭は周らない。
そんな時
山頂まで登山者であと50分、ランナーならもっと速いよ。
と声援をもらうが・・・
いやいや、すでに・・・もう30分くらしかないじゃん!!
それでも一歩一歩進むしかなく・・・



ゴール前の鳥居が見えた時、5合目以降で初めて完走できると
僕は思えた。
山頂:4時間24分44秒
すんげー長かったし、すんげー辛かったし、
ほんとにしんどかった。
やったよ母さん!
とは思わなかったけれどほんと完走できてよかった。



スタート地点で会えなかったSWACの面々と山頂で挨拶。
みんないい笑顔です。
来年もまた!とは・・・今は思えないなσ(^◇^;)


ゴール後のことは反省と一緒にまた後日。
posted by Liu at 18:30| Comment(6) | レース