2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2010年11月02日

2000M×4

今日はセカンドウィンドACランニング教室参加。
約1ヶ月ぶりのA練復帰。

メニューは2000M×4。
ペースは様子見で一番下のクラスに参加。
4分30秒/kmからビルドアップ、つなぎは400Mジョグ、
ペースメイクは保坂コーチで、スタート。

8'51"(3'15")-8'45"(3'37")-8'40"(3'29")-8'15"

1本目がちょっと速め?
でもまぁキツいってこともなく3本目まで終了。
4本目は上げようかどうか迷って・・・
1000M手前から徐々に上げて・・・ラスト1000Mは4分くらい?
キツいけど・・・やっぱり気持ちいいな。

A練復帰初日にしてはまずまず走れたのでは無いでしょうか。
去年と比べると全然ですが焦らずに徐々に上げていきます。
んで月末には見違える僕をお見せします。

って焦りすぎか・・・まぁ頑張ります。
posted by Liu at 22:38| Comment(2) | SWAC教室

10月のランを振り返る。

10月のランを振り返ります。

月間総走距離は171.24km。

8月、9月と400kmオーバーからのリバウンド。
5月以来のアンダー200km。
10月9日のウルトラ100kmが含まれるので練習は
70kmほどしか走ってないことに。
10日以降は6日(45km以下)しか走ってない。
ここまで走れないとは想定外。
が、前回はウルトラ後無理やり走って故障を悪化させたから、
僕には今回くらいがちょうどいいのかも。



・11月の予定は

11月はレースなしです。
しっかりと練習して12月、1月と走れる体作りをします。
2月にどこまで走れる体を作れるかはわかりませんが、
今、現在は本気で取り組む予定。


・練習内容は???

メニュー組み立てほぼ終了。
あとはペース設定のみ。
今日のSWAC練での内容でペースを決めようと思います。

今月から週末にちゃんとしたLSDも取り入れる予定。
ちゃんとしたってのがどんなのかは分かってないけど(笑)
とりあえず7分〜8分/kmでやるつもりです。
初めてのLSDなので試行錯誤しながらやっていきます。
ただ毎週やる必要があるかどうかは・・・考え中。

次に1年半くらいぶりに朝練復活。
目覚ましで無理やり起きることはせずに
自然に起きれた日と土砂降りじゃない日だけ実施。
朝練メニューは無理ない程度に40分前後のジョグ。
例えば昨日、今日だと42〜5分で8kmちょっとかそんな感じ。

あと、今悩んでいるのは休足の入れ方?
ちゃんと休まないとまた壊れちゃうからね。



そんなこんなでダラダラしてましたが、
11月から真面目に練習します。
posted by Liu at 12:04| Comment(0) | 日記

2010年11月01日

2010年10月読本。



10月に読んだのは下記の6作品(うち1冊は未完読)。

・慟哭/貫井徳郎
武士道エイティーン/誉田哲也
・BORN TO RUN/クリストファー・マクドゥーガル
・ヒルクライム/高千穂遙
・夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです/村上春樹
第三の時効/横山秀夫

・慟哭/貫井徳郎
ミステリーなのかな。推理小説?
まぁまぁ面白いし、騙された。
気持ちのいい終わり方ではないけど・・・
ただこの書き方だと・・・映画化の話は来ないね。


武士道エイティーン/誉田哲也
相変わらず面白い。
今回は主人公2人以外のサイドストーリーに注目。
それぞれの今までが明らかに。
やばい・・・俺・・・はまってる。
武士道ナインティーンは???


・BORN TO RUN/クリストファー・マクドゥーガル
小説と言うか・・・ウルトラマラソンの解説書?
僕の走るウルトラなんて子供用に思えるほど
とてつもないウルトラトレイルマラソンを走ってる人達の話。
勉強になることも多々、疑うところも多々。

いただけないのは・・・自転車界をバカにしすぎ。


・ヒルクライム/高千穂遙
いろんな理由から自転車に取り付かれた人達の話。
それは走る事にも通じるものがあって共感できる。
もともとロードレースを見るのが好きな僕は
ますます自転車に乗りたくなった。
が、如何せんお金がかかりすぎる。
それでも・・・


・夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです/村上春樹
実は読み終わってない。
あまりにも退屈で・・・いや、ところどころ面白い話はあるのだが
ハルキストにとってはたまらない1冊なのだろうけど
1Q84以外読んでない人にとっては辛い。
「走ることについて・・・」の部分のインタビューだけ読んで一旦休止。
残りを読むかは・・・不明。


第三の時効/横山秀夫
警察もので久しぶりに面白かった。
警察者では「ストロベリーナイト」以来の『優』評価。
F県警捜査第一課の一班、二班、三班のそれぞれのストリーが絡み合って。
とても読みやすく、分かりやすい。
「半落ち」も読もうかな。



10月は2冊の『優』作品に出会えました。
3ヶ月ぶりの出会いです。
武士道シリーズは相変わらず面白い。
続きが凄い気になるけど・・・予定はあるのでしょうか。
「第三の時効」の方は横山秀夫作品で一番の呼び声が高い作品。
噂に違わぬ面白さでした。

あと・・・
水嶋ヒロがポプラ社小説大賞を受賞したみたい。
すんごい気になる。


そんなこんなで今月もいい作品に出会えますように。
posted by Liu at 12:06| Comment(2) |