2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2011年03月30日

10km・B-up走 #run_jp

昨日はセカンドウィンドACランニング教室参加。
メニューは10kmビルドアップ走。
ペースは4分45秒/km〜4分15秒/km。
ペースメイクは大久保選手でスタート。

1周1.167km毎のLAP
5'39"-5'26"-5'23"-5'13"-5'10"-5'08"
5'06"-4'39"-4'56"
計10.503km46'44"(4分26秒/Km)

入りが4分50秒/kmと遅かったが順調にビルドアップ。
8、9周目ともう一段あげようとペースを上げるも
8周目で3分59秒/Kmと上がったところでギブアップ。
9周目ビルドダウンになってしまい4分13秒/Kmまで落ちて終了。


久々にキロ5分をきるペースで10km走った。
最後がよろしくないが・・・
次回は4分50秒-4分40秒と締められるように調整してみようと思う。


今のところ特に目標もレースもないので
少しずつ一歩一歩上がっていければと思う。
posted by Liu at 19:05| Comment(3) | SWAC教室

2011年03月29日

探し物は何ですか

1998年、酔いつぶれて記憶を無くし
知らないビルの駐輪場で目を覚まし
ポケットに大量のおにぎりが入ってたあの日。
僕は財布、めがね、免許証等々を紛失した。

そしてあれから13年・・・再び僕は免許証を紛失。

今回は免許証のほかPASUMO、保険証、図書館のカード、
キャッシュカード等々を紛失。
ちなみに今回は酔ってはいなく完全素面。
酒も飲まずに紛失は・・・まぁそれもいつものことか。

で、

僕の記憶が確かならセブンイレブンのATMでお金を下ろして
ATMの上にカードケースを置いて財布にお金をしまって・・・
とにかくATMでお金をおろしたところまでは覚えてる。
もちろんコンビニには連絡したがないとのこと。
昨日はそこ以外に立ち寄ったところがなく、
落とすのならそのコンビニ以外はないのだが・・・
コンビニじゃなければ歩道か・・・そうなると出てくるのは厳しいか。

とりあえず手続き。

昨日は銀行に電話してカードの停止、再発行手続き、
交番に行って紛失届け提出をした。
今日はこれから免許証、保険証、PASMOの再発行手続き・・・


何やってんだか。
posted by Liu at 07:51| Comment(2) | 日記

第一回 寛政大学長距離競技会

最近、ブログの更新が滞りがち。
まぁいろいろありまして(^^;



土曜日(26日)は川崎から砧公園まで17kmのジョグ。
その日はとにかく風が強く向かってる最中に
何度も体をあおられました。
そんな強い風の中砧公園までいったのは
第一回寛政大学長距離競技会に参加するため。
参加と言っても僕は走らずにお手伝い。

参加者は20人弱。
いつものように性別も年齢も走力もバラバラなみんなが
ただ走るために集まる。
そこにトラックがあるから(笑)

1500M、5000M、10000Mの順でタイムトライアル。
僕はタイム読み上げ係り。
1500M、5000Mは参加者ほぼ全員参加。
みんな強風の中、走る姿はかっこいい。
強風にも負けずにベスト更新する人もいてすごい。
僕も走ればよかったな〜なんて思ったり思わなかったり。

んで走らなかった僕の反省会。

1500Mは4周弱なんでまだいいのですが
5000Mは12周半、10000Mは25周。
2周、3周と周回遅れになってくるともう把握しきれなくて
先頭付近の人にしかちゃんとした周回を伝えれなかったこと。
みんなに今何メートル通過なのかを伝えたかったのですが。
周回の度に時計を見るのは走ってる人の負荷になるで
走ってる人が気持ちよく走れるようにしたかった。
逆に間違った周回を伝えたり・・・反省です。

今思えば記録用紙が1枚準備していれば
周回チェックや全員のタイム記録もちゃんとできたかなと。
最初から走らないと決めて手伝いに行くと決めてたんだから
それくらい準備しとくべきでした。
次回はちゃんと準備します。


ほかに思ったことは
・先頭の周回を数える人
・周回遅れの人を数える人
・タイム読み上げの人
・ゴールタイムを記録する人
と分担できればもっといい記録回になるかななんて。
と好き勝手書いてますが・・・すみません(^^;)

2回目はもっとすばらしい記録会にできるように応援したいと思います。

ってか、お前も走れよって(自縛)
posted by Liu at 00:26| Comment(2) | 日記

2011年03月23日

10-7km・PR

昨日はセカンドウィンドACランニング教室参加。

なんだろう。
全然体が動かない。
レースが続々と延期、中止となりモチベーションの低下も原因のひとつか。
いや、ただ単に自己管理不足、練習不足からだろう。

昨日のメニューは10km+1km。
ペースは一番遅い4分30秒/kmで、ペースメイクは手塚トレーナーで
スタート。

走り出しから体は重く、前へ進まない。
LAPをとる気力もなく、最後尾をついていくだけ。
3周目ですでに限界、3kmちょっとギブアップ。
まさか5kmも走れないなんて。。。

ちょっと凹む。

さらに追い討ちをかけるように悲しい情報が入る。

UTMFの延期。
posted by Liu at 09:55| Comment(4) | SWAC教室

2011年03月22日

ども

どもお久しぶり。

僕はと言えば普段通りの生活を送っています。
いや・・・今までとは違うか。
まぁそんなことはどうでもいいか。

何かできないか足りない頭でいろいろ考えましたが
結論は・・・今の僕にあらたまって出きることはない。
今、僕は僕でいろいろと大変で。。。
で、地震とかは関係なく当たり前のことを当たり前にやろうと。
その当たり前さえも今の僕には厳しかったりしますが。


んな訳で記事内容は今までとおりなんら変わることなく
誰のためにもならない僕の走ることを中心に書いていきます。


ではでは。
posted by Liu at 16:40| 日記

2011年03月09日

(1000M×3)×2-1 #run_jp

昨日はセカンドウィンドACランニング教室参加。

トレイルのダメージが大きく残っていることもあり
どうしようか迷ったのですが・・・いっちゃいました。
メニューもAの方はインターバル、Bはペーランだったので
Bの方がいいかなと思いつつ・・・Aにいっちゃいました。

が、、、アップの段階からやっぱり痛い・・・
あ〜Bにいっとけばよかった〜と思うもときすでに遅し。

痛い・・・

インターバルの内容は1000M×3を2セット。
ペースは4分20秒/km、ペースメイクは保阪コーチで、スタート。

1セット目
1本目、2本目となんとかついていくがギリギリ。
2セットはビルドアップするとの話なので1セットだけでやめることに。

3本目終了後、そのままダウンジョグをして終了。


やっぱりつらい。
痛い時に無理して走る意味あるのか?
筋肉痛って怪我じゃないけど・・・炎症?やっぱり怪我か。



教室を早めに切り上げて原宿駅まで歩いて、
時間があったのでモンベル渋谷店まで歩いて
値下げされたポディウムチルジャケットボトルを購入。
そのまま渋谷駅まで、、、



今朝起きたら筋肉痛はだいぶやわらぎました。
ただ・・・まだまだ痛みはあり復活までにはあと数日かかりそうです。
posted by Liu at 12:57| Comment(4) | SWAC教室

2011年03月08日

ダメージ

久々の全身筋肉痛です。


こんな状態は富士五湖112kmでボロボロになったとき以来。
昨年のえちご・くびき野100kmマラソンの時は
ちゃんと練習して挑んだので体のダメージはすくなかった。
今回はその100km走ったときよりも長い時間
動いていたのでダメージが大きいのも当たり前か。
富士登山競走後も翌日は15km走ってたのに。
今回は翌日7kmスロージョグするのがやっと。
その上、翌々日は筋肉痛が悪化と言う(笑)
疲労抜きジョグだったのに(汗)

今回ダメージが酷いのは

右脹脛、両大腿部、右上腕二頭筋です。
筋肉痛以外の痛みは腰痛です。
ただ腰痛の方はもうほとんど痛みはありません。

筋肉痛の痛みは48時間説からいくと
すでに48時間以上経過しているのですが
筋肉痛のピークから48時間だとするとあと1日必要になります。
痛みのピークは過ぎたので後は回復するだけだと思います。

そんな身体のダメージをとるために昨日はアロママッサージへ。
全身をほぐしてもらいました。
テラピストの話だと右足、左肩のハリが酷く、
バランスがおかしい?と。
あといつもは感じないが今回は足裏もきてると。

慣れないことをするといつもと違うところが痛むんですね。



筋肉痛が取れたら中野マッサーのところにも行こうと思います。
来月から海外遠征に帯同するみたいなので
今月中にいかなきゃ。
posted by Liu at 12:35| Comment(2) | 日記

2011年03月07日

UTMFに向けて その4 #utmf 初練習の感想

時間がたつにつれて筋肉痛がひどく
僕も年をとったな〜と思う今朝。
で、土曜日の初トレイルでの率直な感想は・・・

やっぱり嫌いだ(笑)

下りは足にきます。
その足にダメージが残ってるところに上りがきてまた下る。
足のダメージが倍々ゲームで増えていきます。
今回の距離50km、累計標高は2,550mでこの状態・・・
この3倍以上と思うと・・・(笑)もう笑うしかないです。


で、とりあえず思ったことは

・上りでは走ろうとしない
・急な下りも走ろうとしない
・走るのはほぼ平坦なところのみ

今回のUTMFでの目標は完到なので急ぐ必要はありません。
計算上は48時間/160Kmなので18分/kmでいいことになります。
途中休憩や仮眠?(ってとるのかな)とかあるので
もう少し速いペースで行かないといけいのですが。
とにかくダメージの残らないようにしたいと思います。
とにかく進み続ければゴールできるのではないかと。
上り下りは歩けを合言葉に進みます。



グッズ類で思ったこと

今回使用ウェア・装備は
・Brooks Cascadia 6
・Finetrack FLOODRUSH SKIN MESH NOSLEEVE
・MHW T Short Sleeve
・MHW Mighty Power 3/4 Tight
・MHW Refueler Short
・SAUCONY サンバイザー
・SALOMON FAST2JACKET
・SALOMON FAST2PANT
・HAGLOFS ENDURANCE
・platypus BIG ZIP SL1.8L
・CAMELBAK PODIUM CHILL JACKET BOTTLE ボトル620ml
・SAVAS PIT IN LIQUID
・PowerBar GEL
・phenix Marvel Peak レインウェア上下
・ASICS アームウォーマー
・サバイバルブランケット

その他に携帯電話、お金(2300円)、軽食、ティッシュ、タオル、
をもって(背負って)走りました。
で、感じたことは

・ハイドレよりボトルの方が給水、補水が楽
・ジェルはPIT IN LIQUIDの方が汚れなくていいけど場所をとる
・ソックスは替えも持っていくべし
・天候によるがシューズもデポジットにおきたい
・携帯の予備電池は1個じゃ足りない
・HAGLOFS ENDURANCE 12Lだと要領が微妙
・なれないバックパックを背負ってのランは腰にくる

ジェル、ソックス、シューズは使う使わないに限らず
デポジットできるところにおいて置こう。
使わなければおいていけばいいし。

問題はもって走る水。
エイドステーションの数がわからないが
数によってはハイドレなしでボトルだけに。
もしくはハイドレは保険にしてボトル給水を主に。
ハイドレ1L+ボトル750×2本がいいかなと。
土曜日は金時山の山頂までの30kmで3.5L。
水分取りすぎだよな・・・
できればせめてこの半分のおさめたい。

今回、レインウェアは使用しなかったが
寒くなった時はSALOMON FAST2JACKET、PANTの代わりになる?
代わりになればFAST2は持っていかなくて済み、荷物が減る。

んなとこかな。
初のトレラン、多くの収穫があったと思います。


今後は今回試せなかったライトを使っての夜間走行、
カップや鈴など、装備必携品を全部持ってのランも練習したい。

あとトレッキングポールとか使った方がダメージが少ないのかな。
トレッキングポールについてはもうちょっと調べてみます。



とりあずは・・・上半身がボロボロなので疲労回復を(^^;
posted by Liu at 10:24| Comment(3) | 日記

2011年03月06日

UTMFに向けて その3 #utmf 練習編

何を隠そうトレイル経験のない僕。
さすがにロードの練習だけでUTMFが完走できるとは思ってなく
練習をしなきゃと思っていた。

そんな時、TwitterでSWAC会員でもあるFさんが
箱根外輪山1周のトレイルを企画していたので
一緒に連れて行ってもらうことに。

当初のコースは
箱根湯本駅→旧箱根街道→芦ノ湖→箱根峠→海の平→三国山→
箱根山→金時山→明神ヶ岳→明星ヶ岳→塔ノ峰→塔ノ沢→箱根湯本駅
こんな感じの50km。
そもそも初トレイルで50kmが無謀だって気づけよって話ですが・・・
まぁそれは置いといて。

箱根湯本駅に8時に集合して駅下のコインロッカーに
いらない荷物を預けて出発。

旧箱根街に入ると周りは雪景色。
そしてすぐにこんな状態に・・・(^^;
まさかこんなに雪が残ってるとは思っていなく
hakone1.jpg
ただ走ると暑くて・・・僕はTシャツで走ってました。


芦ノ湖までは1時間43分で順調に到着します。
が・・・ここから山道に入ると僕のスピードは見る見る落ちて。
どんだけ山越えるねん!!ってくらい峠の連続。
しかも雪の量はますます多くなり・・・転倒・・・右ひざ打撲、
あっ血が・・・
そんなことはお構いないしに進みます。
三国山→箱根山→金時山とこの辺になるとトレイルと言うよりも
ただの登山(笑)
けど途中途中でみる富士山は絶景。
hakone2.jpg

金時山山頂にただりついたのは出発から6時間38分後。
ここまでで約30km。
先着していたFさんと金太郎茶屋で昼食。
僕は「まさカリーうどん」を。温まるし、おいしかったな〜。
あと家から持ってきた2.5L+途中で購入した1Lの飲み物がなくなったので2Lの水を購入。

ここで問題発生。
僕の携帯の残り電池が・・・。
途中、写真を撮るために携帯のカメラを
スタンバイ状態にしていたんだけど
それが電池を使いまくってたらしく・・・残り11%。
僕の携帯、残り9%になると勝手に電源が落ちてしまいます(^^;
とりあえず電池を外してもしもの時に使うことに。

また暗くなるまで時間がないのでコース変更して
金時山→明神ヶ岳→明星ヶ岳→宮城野
とすることに。

ここからの道のりは・・・もう大変。
急激に冷え込んできて、風が冷たい。
上着を着て、ロングパンツをはいて、途中トラブルがあり
僕はだいぶ遅れてこの道があっているのかどうかも自信が無く、
すんげー不安と戦いながらFさんのVibram Five-Fingersの特殊な足跡を頼りに進みます。
進んでも白景色の中、日はどんどん傾いていくし、焦りました。

そしてなんとか宮城野まででたのが出発から9時間40分後。

それから駅を探すも街の人に駅はないと言われ湯本にいくなら
バスと言われバス停を目指します。
ここで携帯の電源を入れ、Fさんにメールを打とうとすると
「Liuさん!」との声が。
あぁぁぁぁぁぁよかった〜(TT)

ここからバスもあったのですが、
せっかくなんでと湯本まで1国を走って帰ることに。
もうすっかり夜の中を
あぁ下りのロードって楽だな〜て思いながらも体力は限界近く、
よく走れてるなと思いながら箱根湯本駅に到着したのは
出発から10時間39分26秒後。


距離50km、累計標高は2,550m(Fさん情報)


Fさん、今回はいろいろとありがとうございました。
途中、寒い中、結構な時間待たせてしまって
申し訳ありませんでした。
また練習でご一緒できればと思います。
本当にどうもありがとうございました。


感想・反省編へ続く。
posted by Liu at 12:00| Comment(2) | 日記

2011年03月04日

UTMFに向けて その2 #utmf

UTMF参加資格
大会当日に18歳以上の男女で、全コースを迷うことなく
制限時間内に完走の自信がある人。
但し、UTMFは過去2年以内に50km以上のレースを2回以上完走しているか、
100km以上のレースを完走していること。


この参加資格は賛否両論あるみたい。
当初は参加資格は設けないと話があったみたいで・・・
けどレースの厳しさから言って
まったく条件を設けないって訳にもいかないだろうから。
ただ厳しいレースの割に意外にハードルが低いなと思った。
トレイルレースに参加していなくても
100km以上のウルトラマラソンの経験者なら参加できる。
おかげで僕もエントリーできた。
ただロード100kmの経験ってこの大会でどれほど約に立つのか。
まったく関係ないと言うことはないだろうけど。。。

条件設定は難しいところ。
ウルトラ100kmとハセツネ、どっちが厳しいと言ったらハセツネだろう。
けど現状の条件だとウルトラ100km完走は資格があって、
ハセツネ完走は資格がないとなってしまう。
更に言えば今回行われるハーフの部(STY90km)を完走しても資格がない?
さすがに第2回があるとしてSTY完走者は資格ありになるだろうけど。


とりあえず僕が思うのは・・・
「富士五湖112km、諦めないでゴールしといてよかった」




発表されているルールを見てみると。

自己責任:選手は参加にあたって自己責任を負ういうことが、基本ルールである。

まぁ、これはUTMFに限らず全てにおいて当たり前ですかね。
人としての基本ルール?
その他、現時点で発表されているものは

1)すべての選手はレース間中、必要装備(装備の項を参照)を携行していること。
全ての装備はゼッケン配布時にチェックされ、その装備をレース中に変更しないこと。
装備の重さはスタート時点、もしくはエイドステーション通過時点で2kg以上であること。
そして、すべての地点において、装備の総量が1kg以下にならないこと。


2)すべての選手はレース間中、配布されたゼッケンとチップを装着しなければならない。

3)エイドステーションでは必要最小限の食料や飲料が支給される。
すべての選手はエイドステーションを出るときに次のエイドステーションまでに必要な食料、飲料を携帯していること。


4)選手へのプライベートサポートはエイドステーションの既定区域のみ可能である。
サポートできるのは1選手に対し1人に限り、特別な装備や30L程度のバック以上の荷物を持ち込んではいけない。
また専門家(プロのトレーナー、医師や医療従事者など)のサポートは禁じられている。
エイドステーションの食料、飲料の飲食は選手に限る。
エイドステーション内の案内に従って、必要あれば休憩すること。


5)レース登録してない人の併走やエイドステーションなど既定されている場所以外の立ち入りは禁止されている。
(ペーサーは不可とする)エイドステーション内の案内に従って必要あれば休憩すること。


6)レース登録している選手のみが通過が許されるセクションへの家族、応援者などの立ち入りは禁止されている。

僕に関係しそうなのは1)2)3)ですね。
とにかく荷物を背負っての練習も必要になるかと。
これは3月、4月の練習で今から十分になれるつもりです。
3)で「必要最小限の食料や飲料が支給される」とあるがどれくらい支給されるのだろう。
自分ではどれくらい携帯食料もてばいいんだろう。
とりあえずジェル系20個くらい?



UTMFへの向けての練習として
明日、初のトレラン行ってきます。
posted by Liu at 13:13| Comment(4) | 日記

2011年03月03日

UTMFに向けて その1 #utmf

昨日、UTMFへの挑戦を発表しましたが
本当はこっそり行ってこっそり走ってこようと思ってました(^^;
が、発表することによりモチベーションも上がるし
頑張らなきゃいけない度もあがると思い・・・

最後の挑戦とか書いちゃってますがそんな大げさなものでもなく、
別に走るのをやめる訳でもレースに出ない訳でもありません。
そもそも今まで何か挑戦してきたのか?
と問われると・・・まぁそれはそれで(汗)



で、準備です。

発表されているレギュレーションを確認すると。

装備
■必携品
・携帯電話(大会事務局の電話番号を登録し、番号非通知にせず十分に充電すること)
・個人用のカップもしくはタンブラー(150cc以上)ビンは不可
・最低1リットルの水
・ライト2個(動作確認済み)、および予備の電池
・サバイバルブランケット
・ホイッスル
・粘着テープ(包帯、ストラップになるもの。80cm×3cm以上)
・携帯食料
・レインウェア(山の悪天候に対応できるもの)
・ランニングパンツまたはレギンズ(膝丈よりながいもの)
・帽子またはバンダナ
・熊鈴
・保険証またはそのコピー

■強く勧める携帯品
・手袋、帽子、防寒着は悪天候の予報がある場合は不可欠
・最低限の現金(予期できない条件のときのため)

■勧められる携帯電品
・着替え、地図、コンパス、ナイフ、日焼け止め、ワセリン、針と糸

まずは必携品13品をそろえなくてはいけません。
すでに持っていた(使えるかどうかは別として)ものは
・携帯電話
・粘着テープ(包帯、ストラップになるもの。80cm×3cm以上)
・帽子またはバンダナ
・保険証またはそのコピー
の4品だけでした。

出場を決めてから購入したものは
・個人用のカップ
・最低1リットルの水(ハイドレーションパック)
・ライト1個(BlackDiamond Spot)
・ホイッスル
・ランニングパンツまたはレギンズ(膝丈よりながいもの)
(MHW Mighty Power 3/4 Tight)
・熊鈴
の6品。

あと必要なものは
・ライト1個、および予備の電池
・サバイバルブランケット
・レインウェア(山の悪天候に対応できるもの)
・携帯食料

もうどれがいいのかも分からずに買いあさってる感じです。
レースまで3ヶ月をきっておりグッズのテストとかもやりたいので
残りの装備も早々に買い揃えたいと思います。

今日も退社後にODBOX 本店でも覗いてみよう。



んっ?そんなことより練習しろって?
posted by Liu at 12:36| Comment(5) | 日記

2011年03月02日

Liu 最後の挑戦 続き #run_jp

最後の挑戦をしようと思ったとき
NESチャンピオンシップ(道志村、北丹、上野原の3戦)
萩往還140km、さくら道270km、等々が候補に挙がった。
日程、費用、興味深さ、辛さ、色々考えて
僕が最後の挑戦に選んだのは、



UTMF(ULTRA-TRAIL Mt.FUJI)
距離160km、累積標高8000m、制限時間48時間
日本初の100マイルトレイルレース




何をまたバカなことをとお思いでしょう。
気でも狂ったかとお思いでしょう。
下りが嫌いで苦手で富士登山競争ゴール後の下山で
爪を失くしてもう二度と下るまいと決めたはずなのに。
「下りがあるからトレランはすることはないなぁ」
って思ってたはずなのに。
いやね、自分でもバカだと思いますよ。
いや、わかってますよ。
けど、西新宿を離れることになった今
『西新宿の親父の唄』を聴きながら思ったわけですよ。

『やるなら今しかねぇ♪やるなら今しかねぇ♪』

この厳しいレース、もちろん参加資格が必要になる。
参加資格は過去2年以内に50km以上のレースを2回以上完走しているか、
100km以上のレースを完走していること(ロード・トレイル問わず)。
(ページのよっては過去2年以内と書いていない)
僕は昨年、富士五湖112kmとえちご・くびき野100kmを
完走しているので参加資格はある。

すると聴こえてくるわけですよ。
66の親父の口癖が。

『やるなら今しかねぇ♪やるなら今しかねぇ♪』

僕はいけると信じています。
必ず超えてみせます。
正直、距離160kmも累積標高8000mも想像できません。
それでもこの最後の山を越えたら
また「なんだってできる」
そう思えるかもしれないから。
いやそう思うために。

そう、やるなら今しかないんですよ。

そしてやるからには完到します。
posted by Liu at 12:20| Comment(6) | 日記

2011年03月01日

2011年2月のランを振り返る #run_jp

2月は西マラがあったため、
前後に休足日が多くほとんど走らなかった。
走ったのはレースを含めて11日だけ。

月間走距離:181km

先月の半分以下。
こんなんじゃダメだな。
3月は次の目標の為にしっかりと走り込みをしたい。

目標は3月4月で最低1000km。

挑戦するからにはちゃんと練習をしないと
エントリーできなかった人達に対して失礼だ。

出るからにはちゃんと練習する。
練習してダメならしょうがないけど、
初めから何もしないででるってマナー違反。


練習メニューは距離走、時間走はもちろん、
山とかにも練習にいければと思っています。
またLSDも継続的に続けていきたいと思います。

先日、諸事情によりフルマラソンの距離を
スローペースで走ったのですが
翌日もほとんどダメージがありませんでした。
これはLSDの効果だと思うんでウルトラマラソン等には
いい練習になるのではないかと。



とにかく2月走れなかった分、
3月はいっぱい走ります。
posted by Liu at 21:28| Comment(2) | 日記

2011年2月読本 #bookjp

2月に読んだのは下記の2作品、3冊。

・夏の庭/湯本香樹実
・壬生義士伝 上/浅田次郎
・壬生義士伝 下/浅田次郎



・夏の庭/湯本香樹実 Liu的評価:可
なんか懐かしいよな感じ。
物語り的には淡々と進みすぎて・・・
僕にはちょっと物足りない感じ。
ごちゃごちゃと書かずに読者に考えさせる本なんだと思う。


・壬生義士伝 上下/浅田次郎 Liu的評価:可
泣けるとの噂だったのですが・・・僕には合わず。
基本的に時代物があまり好きではないからかな。
舞台やTVドラマでも時代劇はあまりすきではない。
新撰組等が好きな人にはたまらないのだろうけど。




あれー全然読めてない。
先月は帰省とかあって通勤時間が少なかったのが原因だけど。
それにしても読めてない。
5冊は読んだつもりでいたけど・・・
面白い本に出会えると一気に進むんだけど
そうでない本だとダラダラと読む癖がある。
壬生義士伝の2冊で半月つかちゃった。

今読んでる「翼-Cry for the moon-」ちょっと不幸が過ぎて。
長いし・・・今、後半に入ってるけど
これから明るい未来は見えるのだろうか。


そして僕の未来は?(笑)



今月もうちょっと読む時間をつくろう。
posted by Liu at 12:03| Comment(0) |