2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2012年03月15日

UTMFのコース全体概念図にワクワク、アセアセ

UTMFのコース全体概念図がアップされ
いよいよ感が高まっているが・・・

練習が再開できていない。

まだ正座をすると左脚に違和感を感じる。
痛みはないのだがこのまま再開すると
悪いことが起きそうなのでぐっと我慢。

あと少しなんだけど・・・

んな訳で焦ってます。
長い距離の練習も山での練習も全然足りておらず
これから1ヶ月で詰め込まなきゃいけないのに。
その前にシューズもまだない。

購入を決めていたBrooks Cascadia 7も
僕の欲しいサイズは日本では展開されておらず
以前、利用した海外サイトのFor Runners By Runnersで
購入しようと思うもそこでは売り切れ中。
入荷するのを待っているが・・・まったく気配なし。

んな訳でほかのシューズを注文することに決めた。

時間もないのでフィットしてくれることを願うばかり。
にしてもなんで日本では大きくても29cmまでしか
取り扱ってくれないんだ!
せめて30cmくらいまでは取り扱ってくれ!!



んで、練習。

3月中に50km以上のロングランを慣行したいと思っている。
最低2回。
まぁロードの練習は多摩川でも街中でもどこでもいいんだけど
問題は山。
トレイルの練習会でもあれば参加しようと探しているが
なかなかいいのがない。
ならばとレースでもと思うがそれもない。
しょうがないので4月の週末は箱根に通うか?

どうする?

山の練習は山じゃなきゃできないんだよな。
3月の終わり、遅くとも4月の初めには山に行きたい。
いや、行かなければ。
もうUTMFまであと2ヶ月しかない。
グッズの再考もあわせて急ピッチで準備したいと思う。



と、UTMFのことばかり考えてるけど
来週トレイル駅伝じゃん。
走れるのか俺?
posted by Liu at 23:01| 日記

2012年03月12日

小江戸大江戸200kフットレース #run_jp 反省編

今だ左足のふくらはぎがパンパンで
正座ができない状態。
もう少しで治ると思うんだけど・・・
正座が違和感なくできるようになったら
ラン再開しようと思う。


んな訳で小江戸大江戸の反省会。


最近の反省は全部これだけど
練習不足。
これに尽きる。
ゆっくりなら練習なんてしなくても
行けるなんて甘い、甘すぎる。
2月の総距離が100kmもいってないのに200kmを走ろうなんて。

「ゆっくりなら・・・」

その考えは捨てよう。


長距離における装備の反省。
寒い時期に長時間走る場合、
後半は少し厚手のウェアを用意しなければいけない。
僕レベルだと身体が動いて暖かくなるのは前半だけ。
スタートから10時間以下以降はもう歩くことの方が多くなる。
だからそれにあうウェアを準備しないと。
たとえば今回だと

・スタート直後
・夕方
・中間点を越えて真夜中

くらいは準備しておかないと。
結局、朝5時くらいでギブアップしたから
それ以降は分からないけど。
今回だと湯遊ランドでウェアを
入れ替える事を考えるべきだった。
UTMFではデポジット毎に
2セットくらい着替えを用意したいと思う。



今回は街中?を走った事もあって
コンビニになんども寄ることができたが
UTMFではそうはいかない。
なのでちゃんと治療用の絆創膏や消毒液、
肉刺の水を抜くための針、ライター等を準備しておかないと。
あとキネシオも少し大目に持っていないと。
途中、膝をキネシオでぐるぐる巻きにしたら
もう少し行けたかもしれない。
肉刺も絆創膏の上からキネシオでぐるぐる巻きとか。
キネシオは活用法がいろいろあるので1ロールくらい装備しよう。
キネシオ貼るためにレース前はスネ毛も全部剃る事に決めた。
筋肉痛軽減のスプレーもデポジットに預けたりしておかないと。
UTMFではテーピングが必携品なので問題ないか。



ヘッドライトは十分あかるかった。
あと実際、真っ暗闇で使った時どうかだけど・・・
まぁ問題ないと思う。
Black Diamond Iconが気になるけど・・・



ザックはキリアンで間違いないけど・・・
もう少し容量が多いのも考えるか。
SKIN PRO 14+3 SETとか。



今回、膝下にしかダメージがなかったのは
C3fitのサポートハーフタイツのおかげ?
そう考えるとロングタイツも使いたくなるけど・・・
見た目が嫌い(笑)
でも絶対楽なんだろうな。
これもちょっと考えます。



んなとこかな。
UTMFに向けて持ち物はもう少し考えないと。

レースとしては残念だったけど
次に進むためとしてはいろいろ収穫があった。
今回の失敗を糧に次はもっと遠くへいくよ。
posted by Liu at 22:16| 日記

2012年03月11日

小江戸大江戸200kフットレース #run_jp 後編

湯遊ランドを出たのが21時過ぎ。
戻ってくるまであと23時間ある。
大江戸コース111kmを23時間、
つまり1時間で約5km進めばいいだけだ。

100km過ぎた頃までは自信があったし
ぜったいゴールしてやるって気力もあった。
もちろん体中痛かったけどそんなの当たり前のこと。
だってこの傷みを感じるために
このレースに出てるんだから。

足裏が痛くなり途中コンビニによって
消毒液と絆創膏を購入。
足裏にできた肉刺の水を抜いて消毒して絆創膏を貼る。
痛みはなくならないがまだましに。

エイドであるなか卯・成増店によった。
そこには7人くらいの小江戸大江戸に参加している
ランナーが食事をしていた。
僕は親子丼を注文。
久しぶりに食べたけどやっぱりなか卯の親子丼は旨い。
長居するともう動けだせそうになかったので
完食するとすぐに店を出た。


そしてそれは突然やってきた。


過去最長距離の112kmを超えて120kmを過ぎた頃、
左ひざ裏に激痛がはしり脚が動かせなくなってしまった。
次のエイドである神田のアスリートクラブまで後10km。
普段なら何てことないその距離も
120kmを進んできた今ではとてつもなく長い距離に感じた。

チャレンジ富士五湖の時は50kmで脚を痛め
100-112kmの12kmの12kmを2時間かけて歩いたけど
その時のスピードで歩くことさえも困難に。

なんとか1時間以上かけて5km進んだけど、
そこで路上に倒れこんだ。
もう立っているだけでも、
いや横になっても激痛は走った。

僕を抜いていく他の参加者に後5kmだよと励まされ
僕は起き上がって・・・

もうそこから先はあまり記憶がない。
とにかく脚が痛い、それだけ。
アスリートクラブに入る前にゼッケンを外して
僕はリタイヤすることを決めた事は覚えている。

スタートから21時間くらいだったと思う。
中途半端な僕のレースは中途半端に終わった。



電車で川越の湯遊ランドまでもどった。
僕は湯遊ランドに到着した頃、
トップのランナーがちょうどゴールしてきた。
スタートからまだ23時間たっていなかった。
僕は23時間も進み続けることができなかったんだ。
お風呂に入って明け方の川越を後にした。



1人西武新宿線にのる。



そして電車で泣いた。
脚が痛いから?悔しいから?情けないから?
涙が止まらない。
もう止める気力もなかったけど。



僕は高田馬場駅に着くまでずっと泣いていた。
posted by Liu at 09:18| 日記

2012年03月10日

小江戸大江戸200kフットレース #run_jp 中編

第2エイドを過ぎるとなんだかんだと
アップダウンが増えてきて僕の体力を奪っていく。
脚の痛みも大きくなってきて歩くことが多くなる。
それでもただひたすら前に進んでいくだけ。
一歩づつでも進んでいけば次にたどり着ける。
ただそれだけ。
途中他の参加者と話したりしながら気分を紛らわせる。
話してると痛いことも忘れられる。
走行時間が7時間、8時間と過ぎていくにしたがい
辺りは暗くなってきて気温もグンと下がってくる。
ヘッドライトを点灯して着替えるかどうか悩む。
が、更なる夜の冷え込みを考えると
川越エイド(91.4 km)までは我慢したい。
(今考えれば川越エイドには別の着替えを用意しておくんだった)
とりあえず寒さは我慢して前に進む。

スタートから10時間を過ぎるとすっかり真っ暗になる。
ヘッドライトの灯りを頼りに前に進む。
さらに悪いことに雨が降ってくる。
急激に体温が低下、しかも降っているのは雪?みぞれ?
グローブを付けたいが前半汗で濡れてしまったグローブは
乾いておらず着けると逆に冷たい。

どうしようもなくなったところでコンビニ発見。
あったかいコーヒーと軍手と新聞紙を購入。
軍手がこんなに暖かいなんて( ´o`)
そして新聞紙。
よく自転車レースで下りで新聞紙を
胸に入れるシーンを見る。
あれは寒さから守るため。
そう思い僕も新聞紙をシャツの下に入れる。
うん、暖かい。
新聞がこんなにも暖かいなんて( ´o`)

体温の低下は何とか防いだ。
が、今度は足の痛みが半端なくなってきた。
我慢しきれず今度は薬局発見。
サロメチール・ゾロを購入。
ふくらはぎと膝裏に大量発射。
サロメチールがこんなにも効くなんて( ´o`)

急に足が動くようになってダッシュ!!
バカみたいに走ります。
普段のジョグよりも速いペースで走ります。
「全然動くじゃん!!」
小江戸コース終盤に来て僕のテンションはピークに。
(まだ半分も終わってないのに)

そして・・・


第3エイド91.4km到着
12時間51分

朝、受付をした湯遊ランドに13時間ぶりの帰還。
第2エイドから約40kmに6時間30分近くかかった。
東京マラソンならギリギリ完走レベルのペース。

その時の僕はそんなことなんてどうでもよく
とりあえずパイプ椅子に座ってカップ麺を食す。
そして汗と雨で濡れたTシャツ、ロングスリーブ、
フラッシュドメッシュスキンを脱いで
ロンTとNine Trails Jacketを着る。
今思えばアウターはもっと厚手のものの方がよかったかもしれない。
まぁこの辺は反省編で。


10分くらい休んで僕は大江戸コースえと出発した。
また戻ってくるぞと意気揚々と。



もうちょい続く。
posted by Liu at 13:12| レース

小江戸大江戸200kフットレース #run_jp 前編

もうあれから1週間か・・・



前日はワクワクと準備等で結局4時間も眠れぬまま
始発で川越に向かった。
7時に受付を済ませスタートを待った。

kos.jpg

8時スタート。

足取りも軽く回りの景色を見る余裕もあり
この先どんな楽しいことが待ってるんだろうって
期待に満ち溢れていたはず。
koedo.jpg
小江戸って感じ町並みの中を走っていく。
ただ前の週の東京マラソンとは打って変わって
観客がいない(笑)
ほんと孤独との戦いが続いた。


この日の僕のテーマはゆっくり長く走る。
いやむしろ歩く。
とにかく急ぐ必要んなんてなく一歩一歩前に進んでいけばいい。

ただ・・・いかんせんレースの雰囲気で
どうしてもペースがあがってしまう。
これがのちのち・・・

第1エイド28.1km到着
3時間02分(6分28秒/Km)

ペースが速すぎる。
目標としてはキロ7〜8分だからここは3時間30分以上かかっていいとこ。
たしかにここくらいまではコースも平坦で
キロ6分で走ることなんてどうって事こないのだが
それは50kmくらいまでの話。
この先まだ170kmもあるのにいつものように調子こいて・・・

約2分の休憩をとって第1エイドあとにした。

エイドを出たところでTweitterで現状報告。
まだまだ余裕もあってみんなからの応援にも返信。
返信が終わると携帯をしまってラン再開。

延々と人気のないロードを走り続ける。
さすがに50kmを過ぎるとどんなペースで走っていても
疲労は出てくる。
ペースも落ちて・・・

第2エイド51.6km到着
6時間19分

第1エイドから23.5km進むのに3時間15分もかかった。
この区間のペースは8分17秒/Kmは落ち込んだ。
が、先はまだ長くここで頑張ってもと思う。
まだまだ4分の1。

途中何度か股関節が痛くなることがあったが
それ以外は全然平気。
サポートハーフタイツが効いているのか
太もものダメージもほとんどない。
それでも走るのは辛いのだが。

ここでもTweitterで現状報告。



このあと天候も状態も一変するのだが・・・続く、、、
posted by Liu at 00:55| レース

2012年03月01日

小江戸大江戸に向けて #run_jp

一昨日くらいから少しずつパッキング中。
正直、202kmとは言ってもほとんど街中を走るため
財布さえ持ってればほかは何も持たなくても
必要になったものを食べ物、飲み物、着替え、合羽等、
なんでも購入すればよい。

でもまぁUTMFの練習も兼ねてるので
ザック背負ってハイドレ満タンで出発する予定。

日曜日の天気が気になるところだが・・・

ウェアは先日の三浦トレイルの時のウェアに
C3fitのサポートハーフタイツをプラス。
筋肉のブレを防いで太もものダメージを
軽減してくれる予定。

その他アイテムとしては夜間走行用のヘッドライト。
先日、購入したGENTOS HEADWARS HW-888。
とシューズ以外はUTMF用の装備で挑む予定。

もちろんジェル系、固形等の補給食もいっぱい持ちます。
あっ、VESPAプロ買ってないや。
明日、買えれば2,3個買います。


一番の敵は・・・・早起き。
どうやら5時11分の始発で行かないと
受付に間に合わないみたいなので。
んな訳で4時30分起き決定。
まぁ5時に起きても間になうように荷造りだけは
しっかりしておきます。


と、まぁ、走る以外の準備だけは整いつつあります。
肝心なランの練習がまったくできてないのが気がかりですが。



んな訳で小江戸大江戸まであと2日。
posted by Liu at 23:24| 日記