2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2012年05月29日

UTMF レース後・他 #run_jp

ゴール後、連れられるままにステージにあがった。
表彰式が行われていたか会場で
UTMF、STYの入賞者の人たちがいた。

そこには6位入賞したYAMAYAさんの姿も。
48時間ぶりのご対面(笑)
まさかこんな場所で再開するなんて。
入賞者の方々とも全員に握手をしてもらい
みんな笑顔で迎えてくれた。
実行委員長の鏑木毅さんにフィニッシャーベストを手渡されて
名誉実行委員長の三浦雄一郎さんも健闘を称えてくれた。
最高の一時。



いや〜ほんと頑張ってよかった。



小江戸大江戸で動けなくなってリタイヤしたから
今回はゴールすることだけを目標に頑張ってきた。
その最低で最高の目標を達成できたことだけで今の僕は十分だ。
悔しくて流した涙も無駄じゃなかったな。



ランナーと言うにはあまりにも太りすぎの体形。
圧倒的に少ない練習量。
もっと速く、もっと遠くへ。
その為にやらなきゃいけないことは沢山ある。
けどそんなことはどうでもいいっしょ。



ゴールするってやっぱり最高。



閉まりかけのノースフェイスのブースで
記念にUTMFのTシャツを購入。
さっきまで沢山いた観客も帰路へ。
気温も下がってきて冷たい風が吹きぬけていく。
僕も汗を拭き、着替えを済ませ帰路へ。

電車の乗換えが多く、心配で眠れず、
結局ちゃんと眠れたのは21日0時30分ごろ。


結局67時間起き続けた。


そのことから来る体調不良はかなり続く。
今もなおいろんなところがおかしい。



それでも今回参加してよかったと思う。
fb.jpg



ありがとうUTMF。
posted by Liu at 21:25| 日記

2012年05月28日

UTMF 後編 #run_jp

ゴールまであと27km。
制限時間まであと8時間半。


途中13kmにウォーターエイドがある。
そこまで4時間、そこからゴールまでを4時間半でいけば
ゴールできる。
そんなにかけるつもりもないしゴールは楽勝だと思っていた。

ところが・・・

第9エイドを出て股ずれのあまりの痛さに走れない。
それどころか歩くことさえままならない。
股ずれの箇所は皮膚が捲れ赤くはれ上がり出血もしていた。
痛みは火傷のようでとても熱く、突き刺すような痛み。
トイレットペーパーをガーゼ代わりに当ててみても
痛みが軽減することはなかった。

途中、僕を抜いていく人たちに心配される。
そして「大丈夫あとは歩いてでもゴールできるから」と
多くの人に励まされた。
またある人からはこれ塗るといいよと
ワセリンを分けてもらった。
もっといっぱい塗りなって。



途中林道に入ると木漏れ日が心地よく、
すでに限界を超えている僕の眠気をさらに増大した。
次々と抜かれていくがもう追いかける気力もなく
ただみんなを見送るだけ。ファイトって。


林道を抜けて自動車道に出た時、
取材の人に「今、最後のランナーですが」と知らされる。
そんなバカまだって僕が第9エイドを出たのは制限時間の1時間半前。
僕が出発する時まだまだ帰ってきてる人もいたし
そして更なる事実を告げられる。
次の関門までギリギリですがと・・・

次のエイドはウォーターエイドだから
関門なんてないと思っていた。
地図を取り出してみると確かに関門11時となっていた。
けどあと5kmを1時間、余裕でしょう?

余裕なんてなかった。
思っている以上に僕の歩く速度は遅く
頑張ってもスピードが上がらない。
残り、20分、15分、10分となるが一向に関門が見えてこない。
遅いなりに僕の歩くスピードも上がる、焦る。

4分前、ようやく関門が見える。

5月20日 10時58分08秒 第2ウォーターエイド到着:142km
(SPLIT:43時間58分08秒 LAP:4時間31分54秒)


関門時間まで2分を切ってようやく通過。
そして関門時間までにエイドを出なきゃいけないようで
あわただしく水を補充してエイドをあとにした。

あと14km、時間は4時間。
普段なら何の問題もない設定。
多少山道でも問題ない。
歩いてでも余裕でクリアできる。

普通なら・・・

すでに50時間以上起き続け、44時間移動し続け、
なんども転倒し、尻もちを付き、ひどい股ずれを起こし
そんな状況ではもう何も予測できない。

ただ一つ分かっていた明らかな間違いは
第2ウォーターエイドでトイレに行かなかったこと。
トイレは河口湖まで出ないとない。
それまでもつか俺の膀胱?



あとは平坦と聞いていたラストも上り下りがあった。
上りでは多少ペースが上がるものも
下りでは極端にペースが落ちた。
後ろ向きで進むなど工夫をしてみるもののどうにもならない。


1時間を残して河口湖まででれればゴールは余裕と計算したものの
実際に河口湖に出れたのは残り50分。
そして僕は数時間我慢しているトイレにも行かなければいけなかった。
トイレの時間を稼ぐためにスピードを上げる。

あと3km、あと2km、、、

永遠のように思えたこの旅ももうすぐ終わる。

が、制限時間ももうそこまで来ていた。
残り1kmを残して時間はあと6分。
もう走るしかない。

痛みを我慢するとかもうそんなものはどうでもよくて
とにかくゴールを。

僕は走った。

うん、体感ではキロ3分くらいのスピードで。
傍から見ればただのジョグ程度だったろうけど。
ゴール前多くの人たちが声援をくれる。

僕は走った。

すでに全てを出し切った身体に
これ以上なにを求めるってくらいに。

僕は走った。

フィニッシュゲートが見えた。

僕は走った。

沿道から歓声が上がる。
ハイタッチを交わす。

僕は走った。



5月20日 14時59分02秒 フィニッシュ:156km
(SPLIT:47時間59分02秒 LAP:4時間31分54秒)







もうちょい続く、、、
posted by Liu at 21:54| レース

2012年05月27日

UTMF 中編 #run_jp

第7エイドの関門まであと2時間半。

第7エイド富士山こどもの国で
預けていた荷物を受け取る。
マッドクロックエナジードリンクとエナジーコーラを
立て続けに飲み干す。

上半身の着替えをして、
ザックの荷物を入れ替える。

次のエイドまで26kmあるけど
途中にウォーターエイドがあるから
飲料は問題ない。

30分ほどで第7エイドを後にした。
すべてのエイドの中で一番休んだのがここのエイド。
休んだというか荷物の詰め替え等で時間がかかっただけだけど。


第7エイドから第8エイドはさほど難しいコースではないが
だらだら続く下りが僕の疲労を増やしていった。
陽が上がっても眠気は消えることなくずっと居続けた。

STYの選手たちもスタートして次々の抜かれていく
そしてみんなが「頑張ってください」と声をかけてくれた。

ただ途中でコースがシングルトラックになっていて
STYの選手に迷惑をかける訳にも行かず
かなりのスピードで走らなければいけなかった。
それはほとんどインターバル練習のようで
ここに来てのスピードダッシュは辛いものがあった。

5月19日 14時59分38秒 第8エイド到着:102km
(SPLIT:23時間59分38秒 LAP:6時間32分26秒)


関門まで6時間を残しての到着。
今考えればここで3時間、
いや2時間でも睡眠をとるべきだったか。

すでに32時間以上寝てない僕は頭が働かない。
ただ思うのは

「さぁUTMFのスタートだ」

荷物検査、ドクターチェックを受けて魔の区間へ。
いや、死の区間か、
次のエイドはまで27km、途中にエイドはない。
予想では11時間くらいかかる。
ハイドレーション1.5L以外に、ペットボトル500mlを2本、
計2.5Lの水をもってスタートした。
十分だと思ったけど・・・甘かった・・・



上っても上っても先の見えない道の連続、
下っても下っても先の見えない谷底、
地面は滑りやすく何度転んだかも覚えていない。
いっそ下まで転げ落ちたいと考えたり、、、
何度も転んでストックも変形した。
強度のないカーボンタイプじゃない、
アルミタイプが。
C360_2012-05-26-13-27-53.jpg

天子ヶ岳を超えて長者ヶ岳まではなんとかいけたが、
それ以降は水もなくなり、本気でヤバイと何度も思った。

途中500mlの水を貰うが焼け石に水。

コース上ではエマージェンシーシートを被り
横になる選手もちらほらと。
僕もストックを付きコース上でたったまま
何度も意識が飛んだ。

それでもただ前に、前にと・・・

完全に水もなくなり沢を探すも気配はなく、
唇はかさかさでたぶん脱水症状に陥ってたと思う。
「小便飲まなきゃ」と本気で考えはじめる。

時間も10時間越え、11時間を越え、
進んでも進んでも先が見えない。
やっと山を越えたと思っても
さらに越えなきゃいけなかったり。

もうダメだと何度も思ったけど
ダメでも進まなきゃどうにもならない。

5月20日 6時26分14秒 第9エイド到着:129km
(SPLIT:39時間26分14秒 LAP:15時間26分36秒)


27km進むのに15時間半かかった。
こんなにも厳しい戦いになるとは思っていなかった。
これを予想できなかったことが敗因か・・・
いや、まだ負けてないけど。
ここまで来るのでもうすべての力を使い果たしてしまった。

たぶんここでやめても誰も何も言わないし、
このまま眠りに付いたらすっごい気持ちいいだろう。
けど僕は何かをあきらめるためにここに来たわけじゃない。

「なんだってできる」

そう思えるために来たんだ。
だからまだ進まなければ。
エイドのトイレでハーフタイツを脱ぎながら思った。



日付も変わって3日目の朝。
この時点ですでに丸2日、48時間起き続けていた。


ゴールまであと27km。
制限時間まであと8時間半。



続く、、、
posted by Liu at 12:10| レース

2012年05月26日

UTMF 前編 #run_jp

あれからもう1週間。
翌日から仕事と日常に戻っているけど
身体にはいたるところに傷があり
筋肉痛は取れたものの、その他の体調もなにかおかしい。
そして何より心がいまだフワフワしている(^^)

そんな気持ちのままあの3日間振り返ります。

レース当日の朝、6時半起床。
なんどかの電車を乗り継ぎ川口湖へ。
受付を済ませノースフェイスのブース近くに陣取ってセレモニーを見物。
テーマソングと流れて気持ちが盛り上がっていく。
スタート直前にYAMAYAさんに遭遇。
互いの健闘を誓う。
まさか次に合うのがあんなところとは・・・

YAMAYAさんの背中にはさすがのキリアン5L!
トップクラスの選手は荷物が少ない。

っか、UTMF参加者のキリアンザック率が高いのなんのって。
半分以上がキリアンザックだったんじゃないかってくらい。
かく言う僕もキリアンザックなのだが(^^;)

そしてついに

5月18日 15時00分スタート
utmf_start.jpg
僕はみんなのスタートを見送る。
ほとんどの人がスタートラインを越えた頃、
ようやく僕もスタート。
僕はいつも最初突っ込んで憤死するクセがある。
思えば小江戸大江戸も、、、
2の鉄は踏まないとスタートはゆっくり。
後ろの方はみんなゆっくりだろうと思ったけどみんな速い。
えっ!?このペースで行けるの?
つられて僕のペースも微妙にあがる。
が、テンションのせいでペースはもう抑えられない。

5月18日 17時31分04秒 第1エイド到着:18km
(SPLIT:2時間31分04秒)


快調に飛ばす。
順位もそこそこかと思ってたけど
半分より下。
UTMFの参加者はさすがにレベルが高い。

5月18日 20時54分12秒 第2エイド到着:31km
(SPLIT:5時間54分12秒 LAP:3時間23分08秒)


第2エイドに着くころにはすっかり陽も落ち
ヘッドライトを点灯。
AS2-AS3.jpg

5月18日 22時32分16秒 第3エイド到着:37km
(SPLIT:7時間32分16秒 LAP:1時間38分04秒)


ここら辺から睡魔との戦い第1ラウンド。
暗闇と路面のすべり、さらに睡魔でこのレース初めての転倒。
さらにコースアウトして落ちそうに。
必死にしがみついてなんとか這い上がる。

本気で「ヤバイ」って思った。
そして高々50kmちょっとで両足小指に違和感。

5月19日 2時09分25秒 第4エイド到着:53km
(SPLIT:11時間09分25秒 LAP:3時間37分09秒)


制限時間まで2時間近く残して第一関門クリア。
気がつけば日付も変わり5月19日に。

正直、ここまではウォーミングアップ。
いや、ウォーミングアップ前の準備体操?
タイム的にはほぼ予定通りの11時間ちょっと。
先日の箱根外輪山の時とほぼ同タイム。
なんどかの転倒があったもののまだまだ行ける。

あと100km近く残っているし、着実に一歩一歩進みたい。

すばりし手前からはトレッキングポールを使用開始。
御殿場口だらだらと上りが続く。
スタート前、預けるかどうか悩んだけど
持ってスタートしてよかったと思った。

AS5.jpg

5月19日 4時31分35秒 第5エイド到着:61km
(SPLIT:13時間31分35秒 LAP:4時間31分35秒)


あたりは明るくなってきた。
ここで食べたカップヌードルは
今大会で一番美味しかった。

この時点で起床後22時間経過。
すでに眠さは限界近く。
仮眠テントで寝る選手がうらやましい。
第6エイドの関門は7時、あと2時間半しかない。
距離は6km、下りだから問題ないけど寝ている時間はない。
次に進まなければ・・・


5月19日 6時00分47秒 第6エイド到着:67km
(SPLIT:15時間00分47秒 LAP:1時間29分12秒)


W1.jpg
この先は関門が緩くなっていく。
問題ないだろう。
あとは着実に進むだけだ。

雲取山も箱根外輪山だって1人で乗り越えたんだ。
残りの山々だっていけるだろう。

そんなことを思いながら・・・
いや思ってたのか・・・
すでに丸1日起きて移動を続けている僕の頭はもう回転してなくて
それでもただ前にって進んだ。

5月19日 8時27分12秒 第7エイド到着:76km
(SPLIT:17時間27分12秒 LAP:2時間26分25秒)




やっと半分。
本当の戦いはまだ始まってもいなかった。



続く、、、
posted by Liu at 13:10| レース

2012年05月12日

UTMFに向けて その18 #utmf 装備準備完了

結局今朝は5時半くらいまで起きていて
意味なく7時半起床。
2時間しか寝てない。

これも練習?

いや、レース当日までちゃんと睡眠はとった方がいいよ。
なんて思いながら午前中は軽くジョグ+最後の買出しに。


買ってきたのはこちら↓
item.jpg

左から時計回りに
・ウォーターキャリー900ml(EVERNEW)
・S-LAB GAITERS(salomon)
・テーピング
・タック・トップ

です。


ウォーターキャリーはA8〜A9区間でのみ使用。
この区間は27kmあり速い選手でも5時間くらいかかる区間。
遅い選手だと10時間以上かかると予想されている。
僕はもちろん後者。
1.5Lじゃ足りなくなると思われるのでこの区間は+900ml持とうかと。
僕にとっては2日目の夜から3日目の朝の区間になるので
そこまで水分を必要としないとは言え、10時間以上を1.5Lでは心配。
2.4Lでも少ないかな・・・う〜ん・・・いけるっしょ。


S-LAB GAITERはそのままゲイター。
シューズに小石等が入らないように。
試せてないので効果の程は不明。


テーピングはレギュレーションで必要なので。
本当はキネシオでいいや思ってたけど
実際に足を痛めた時にガッチリと固定できる
非伸縮タイプの方がいいかと。
キネシオはスタート前に貼ります。


タック・トップは乳首のすれ防止。
前半はパフォーマンスロングスリーブを着るので
必要ないと思うけど、後半は脱ぐので必要かと。
普段はキネシオ貼っているんだけど・・・
売ってたので買ってみた。


これでほぼ全部そろったかな。


あとは当日におにぎりとMAD-CROCでも買って
デポに預けるだけ?かな。



これにて一旦、装備準備完了。



それではジロ観戦に戻ります。
逃げろフミー!!!
posted by Liu at 22:57| 日記

UTMFに向けて その17 #utmf パッキング

UTMFまであと6日。


来週の今頃は眠気と戦いながら
暗闇の中を歩き続けているんだろうな。

そんな事を考えていたらこんな時間に。
やることないんでレース時の荷物をパッキングしてみる。



現時点で考えているスタート時に入れるの荷物↓
nakami.jpg
・Airly Rain Suits(Marvel Peak/レインウェア)
・Threshold Short Sleeve T
(Mountain Hardwear/Tシャツ)
・HEADWARS HW-888(GENTOS/ヘッドライト)
・SG-305(GENTOS/ハンドライト)
・DISTANCE(BlackDiamond/トレッキングポール)
・Nine Trails Jacket(Patagonia/アウター)
・アームウォーマー(ascis)
・サバイバルブランケット
・O.D.トイレキット(mont・bell)
・ウェットティッシュ(mont・bell)
・コンパス
・ホイッスル
・熊鈴
・塩熱サプリ
・X-カップ(SEA TO SUMMIT)
・VESPA HYPER・・・7個
・グリコ ワンセコンドCCDクリアレモン風味・・・6個
・グリコ ワンセコンドCCDピーチクール風味・・・6個
・VESPA WASP OKANIC・・・4個
・WGH Pro・・・5個

でパッキングしたのがこれ↓
pack.jpg
結構な重さに。
でも背負ってみるとザックのおかげで
肩にかかる負担は少ない。

これにプラス
・コースマップ
・携帯電話
・携帯電話の予備電池
・ライトの予備電池
・キネシオをワンロール
・ファーストエイドキット
・保険証
・1.5Lハイドレーション+α

飲料を入れたらプラス2kgか・・・
やっぱり重いな(^^;)


予備のTシャツはどうしようか迷いましたが
一応持っていくことに。
夜中汗冷えしそうな時に着替えられるように。
アームウォーマーも夜の冷え対策。

この装備で富士山こどもの国(76km地点)まで行きます。
なので来週の今頃もこれを背負って戦っていることでしょう。



よし、寝よう。
posted by Liu at 04:05| 日記

2012年05月09日

UTMFに向けて その16 #utmf あと9日

UTMFまであと9日。



日に日にワクワク感が増していきます。
コースマップを見てるだけでゾクゾクってきます。
53kmの第一関門を10〜11時間でクリアしたいな〜とか、
こことここが夜間走行になるのか〜とか、
コースマップを見てるだけでなんか「くぅ〜」って感じです(笑)

おかげで仕事が手につきません(笑)



練習の方はもう疲労回復だけを。
基本は休足です。
今さら練習してもどうにもならないでしょうし、
できるだけ万全な状態で挑みたいです。


んな訳で最近はもっぱら準備。

とりあえずザックに入れるであろう荷物をまとめてみた。
nakami.jpg
アウター、ロングパンツ、ドラユニ、レインウェア
着替え、ヘッドライト、ハンドライト。
これで荷物の半分くらい?

今週末に一度ちゃんとパッキングしてみます。



あと、注文していたジェル等が到着。
gel.jpg
グリコ ワンセコンドCCD24個、VESPA HYPER12個。
これに手持ちのVESPA HYPER2個+VESPA PRO1個を持っていきます。

足りるよね?
微妙?
これだけでも結構な重さでびっくりなんだけど。
まぁ半分はデポに預けるけど。



こうして準備してるだけでもなんか楽しい(笑)


とりあえずジロをみてもっとテンション上げていきます(^^)
posted by Liu at 22:18| 日記

2012年05月05日

UTMFに向けて その15 #utmf サプリメント

UTMFまであと13日。



昨日、UTMFの案内が届いた。
utmf_gd.jpg

いよいよって感じ。
レース前のこのワクワク感、たまらなくいい。
もちろんすんげー苦しいだろうってのも分かってる。
いやどれくらいキツイかなんて想像もできてないのかもしれない。
小江戸大江戸での120km地点なんて軽いジャブ程度なのだろう。

けどそんなレースに挑めるってだけでも僕はラッキーっしょ。

そんなラッキーな僕がUTMFで使用するサプリメント。



エナジー系
・グリコ ワンセコンドCCDクリアレモン風味×12
・グリコ ワンセコンドCCDピーチクール風味×12
・VESPA WASP OKANIC×6

いろいろ試して一番取り易いワンセコンドCCDに決めた。
味が2種しかないけど・・・まぁ気にしない。
ワンセコンドCCDの半分以上はドロップポイントに預けておく予定。
大福、カステラ、コーラも一緒に預けておこうかな。



アミノ系
・VESPA HYPER×14
・WGH Pro×11

VESPA HYPERは3時間に1つの予定。
2時間に1つじゃお金が・・・(笑)
WGH ProはVESPA HYPERの間間にやはり3時間おきに。
WGH Proはレースの為というよりも次の日の仕事の為?



ミネラル系
・塩熱サプリ

ただ単においしいという理由で選択。



んな感じかな。
このほかにおにぎりを2個くらい持つ予定。



僕は人よりも内臓が強いと思っている。
100km完踏後でも普通にご飯食べれるし、
レース後半でも固形物が食べれなかったことはない。
ただ・・・小江戸大江戸のリタイアした130km地点では
さすがに食べるのが苦しく、うどんを1杯食べるのに
かなりの時間がかかった。
まぁ結局完食したのだが(笑)
なのでジェル系はあくまでも予備的ものにして
基本はエイドでの固形物を取るようにしようと思う。




これで一通りの装備等は準備できたと思うんだけど。
一度、ザックに全部入れてみようと思う。
posted by Liu at 20:23| 日記

2012年05月04日

UTMFに向けて その14 #utmf 装備チェック(必携品以外)

UTMFまであと2週間。



必携品以外の装備もチェックしていきたい。


ウエア(上)
・パフォーマンスロングスリーブ(C3fit)
・Inferno FX Short Sleeve Top(Saucony)
・Short-Sleeved Air Flow Shirt(Patagonia)
・ドラゴンズユニホームシャツ 荒木(アシックス)

ロングスリーブはたぶんドロップできる
富士山こどもの国(76km地点)で脱ぎます。
そしてTシャツもSauconyからPatagoniaのやつに着替える予定。
余裕があればラストはドラユニで駆け抜けたいと思います。
んな訳でShort-Sleeved Air Flow Shirtとドラユニは
富士山こどもの国に預けておく予定。


ウエア(下)
・Nine Trails Shorts(Patagonia)
・サポートハーフタイツ(C3fit)
これはたぶん終了まで着替えることはないだろう。
こどもの国でタイツを脱ぐかもしれないけど・・・
CW-Xのタイツを預けておくか・・・


ソックス
・PhDアウトドアウルトラライトマイクロ
・PhDランニングウルトラライトマイクロ (スマートウール)
前半がちょい厚手で後半がちょい薄手のもの。


アウター
・Nine Trails Jacket
これで寒ければレインウェアーを着込む予定。


キャップ
・サンバイザー(Saucony)
・Hot Peak 60 キャップ(Inov-8)
・サンシェイド(MIZUNO)
天気がよすぎる場合はサンシェイドを付ける。
サンバイザーかキャップかは当日決めます。


シューズ
・ProGrid Xodus 3.0(Saucony)
ドロップできるのが76km地点なので
替えのシューズは準備しない予定。
天気が悪い場合のみ前半をTECNICA INFERNO MAX。
こどもの国でProGridに履き替える。


ザック
・Advanced Skin S-Lab Pack 12L(Salomon)
もう少し容量の大きいのも試したかったが
これで決定。
まぁ問題ないでしょう。


トレッキングポール
・DISTANCE(BlackDiamond)
箱根でも経験したがあれば楽。
手でも身体を支えることができるのは
とてもありがたい。
ただし使えないとただの重り。
う〜ん、むずかしい
これだけは装備するかどうか悩んでます。



この他にエアサロンパス、ワセリン等、
身体のケアグッズを少々。



他になにかいりますっけ?
posted by Liu at 10:47| 日記

2012年05月03日

UTMFに向けて その13 #utmf 装備チェック(必携品)

UTMFまであと15日。



GW突入。
連休なので山へロングランに行きたいところだが
もうあと本番までもう2週間しかない。
ロング走っても疲れを残すだけなので
ロードで軽くジョグだけのつもり。


で、


そろそろ装備の最終チェックを。
足りないものはGW中に買出しに行かなくてはいけない。
最終と思われる必携品もアップされているので
まずは必携品のチェックから。


1.コースマップ、コンパス
マップはオフィシャルサイトで印刷したもを持って行く。
で、いいのかな?
あとGoogle Mapにコースを登録する予定。
コンパスはちっちゃいやつがあるのでそれを。

2.携帯電話
今使っているスマホを。
基本は電源OFF状態。
エイドとコースに迷った時に電源ON。
余力があればエイドごとにつぶやくか・・・

3.個人用のカップもしくはタンブラー
折りたためるコップを持っていく。

4.1L以上の水
1Lじゃたりないから2Lくらい持つ予定。
ハイドレ+500mlペットボトル。
重いけど・・・
飲料のあるエイドは11箇所、1.5Lでもたりるかな・・・

5.ライト2個
GENTOS HEADWARS HW-888、SG-305
ハンドライトとヘッドライト1つずつ。
基本はヘッドライトのみで行ける予定。
使用電池、予備電池はエナジャイザーリチウム電池。
世界一でしょう(笑)

6.サバイバルブランケット
キリアンザックについていたものを使用。
まぁ使用することがないことを祈る。

7.ホイッスル
ザックについているものを使用。

8.テーピング用テープ
キネシオをワンロール。

9.携帯食料
グリコ ワンセコンドCCD、WASP OKANIC、
VESPA HYPER。
おにぎりや、うどん、そば、カレー等が
エイドで準備されているみたいなので
固形の捕食はそんなにいらないなか。

10.携帯トイレ
O.D.トイレキット(mont・bell)。
1回分で足りるよね?

11.レインウェア
Airly Rain Suits(Marvel Peak)の上だけ?
万が一の防寒でも使用予定。
下はサロモンのロングパンツを。

12.足首丈のランニングパンツ(長ズボン)、
あるいは膝の隠れる丈のレギンスやタイツ

これは11のサロモンのロングパンツでいいだろう
レース中履いていなくても持っていればいいとのことなので
ザックに入れておく予定。
レース中はハーフタイツにNine Trails Shorts。

13.熊鈴
14.ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)
15.保険証
16.配布するナンバーカード、計測用ICチップ(両足に装着)
17.配布される蛍光テープ

13〜17はまぁ普通に。


んなとこかな。
あらためて書き出してみると必携品に関しては
今の装備で間に合うかな。
買出しが必要なのは9の携帯食料くらいかな。



次は必携品以外の装備を。
posted by Liu at 10:37| 日記

2012年05月02日

2012年4月のランを振り返る #run_jp

4月の月間走距離は

318.34km

ひさびさの300kmオーバー。
目標の先月の倍の距離もクリア。
とは言ってもうち92kmは山トレなんで
走ったとは言えないけど、まぁいっか。



4月は中旬くらいまでは朝ランもしっかりとできて
後半はUTMFに向けての山トレ2連チャン。
山トレからの回復の為、朝ランは少し休んだけど。
できれば2月からこの流れを作りたかった。
そうすれば小江戸大江戸でももう少しましな走りが。

とにかく現状は小江戸大江戸の時と比べれば
全然走れている。

泣いても笑ってもUTMFまであと16日。
後悔しないようにしっかりと準備を進めよう。



現在のUTMF完踏確率17%



1年2カ月前、走ることに対して
目標を失ってた僕が最後の挑戦に決めたレース。


Liu 最後の挑戦

Liu 最後の挑戦 続き


まだ西新宿の親父はまだ言っているか

『やるなら今しかねぇ♪やるなら今しかねぇ♪』

って。

今の僕は僕に言ってやれるか

『なんだってできるさ』

って。
posted by Liu at 22:36| 日記