2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2009年04月30日

GW2日目:映画版「アヒルと鴨のコインロッカー」舞台は仙台。

お昼くらいまで寝たり起きたりを繰り返して13時くらいから
前に録画していた映画「アヒルと鴨のコインロッカー」を見た。
もちろん原作は伊坂幸太郎だ。
映画の方の内容は・・・ところどころ省かれている。
内容も少しかえられているが・・・がまぁしょうがない。
原作を越える事はないのだから。
でもドルジ役の瑛太、河崎役の松田龍平などいい感じ。
原作を先に読んでいるのでストーリーの展開に驚く事もないが
あらためて面白いなと思わされた。
少しだけジーンとしちゃった。
ただラストは「Like a Rolling Stone」を流さなきゃ。

伊坂幸太郎と言えば「ゴールデンスランバー」も
映画化が決まっていて2010年公開予定だ。
この作品は誰に聞いても面白いと言われる作品。
昨年の本屋大賞、山本周五郎賞を受賞している。
主人公は堺雅人・・・面白そうである。
先に原作を読むべきか、映画を待つか・・・悩むところである。

The answer, my friend, is blowin' in the wind,
The answer is blowin' in the wind.

久しぶりにギターを取り出してみたりする。

話は戻って「アヒルと鴨のコインロッカー」。
この話の舞台は仙台。
ラストの方で仙台駅前の風景が映される。
見覚えのある風景、そうそこは去年バスを降りた場所だ。
そして10日後に降り立つ場所・・・やばい・・・走らなきゃ・・・

んな訳で多摩川へ走りに。
多摩川を走るのは3ヶ月ぶりだ。
0km地点の所の舗装が新しくなっていて走りやすくなっている。
ただ僕の身体は重く走りにくくなってる。
かなりヤバイです。。。
posted by Liu at 17:36| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
仙台へのモチベーション上がってきましたか。

私も4月は仕事のお陰で平日にほとんど走れず、モチベーションが下がりぱなしです。
5月は練習量を何とか戻したいものです。
Posted by naeshiro at 2009年05月01日 10:53
ひいき目に見ても仙台でのベストは無理なので走る事へのモチはあがりませんね。
食べる事へのモチは上がってます(笑)
夏はレースもないですしね。
ひたすら秋のためへの練習になりますね。
Posted by Liu at 2009年05月01日 11:17
確かに映画って原作を越えられずに期待ハズレになることが多いですが、この作品は良かったですね。私的には麗子役の大塚寧々や琴美役の関めぐみも良かったです。

仙台に行ったらディランの声がするロッカーを探してみては…(笑)
Posted by sekky at 2009年05月02日 00:14
大塚寧々はよかったですね。
できれば痴漢撃退のシーンを入れて欲しかったですが・・・

仙台では僕が神様をロッカーに閉じ込めてこようかな(笑)
Posted by Liu at 2009年05月02日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: