2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2009年12月31日

神の領域。

「神の領域」を読み終えました。
主人公は箱根駅伝途中棄権という過去を持つ検事・城戸南。
前半は淡々と話が進んで行く。

この本は先日読み終えた「標なき道」と同じく堂場瞬一の作品。
題材も同じドーピング。
ここでも出てくるのが「ドーピングして何が悪い」
「高地トレーニングはドーピングじゃ無いのか?」

う〜ん・・・どうなんでしょう。
「標なき道」の方が先に読んだせいかインパクトがあったかな。
もうちょっと間あけたほうがよかったかな。
そのうち「刑事・鳴沢了」シリーズも読みます。



今年はこの本が最後です。
今年の本、振り返りは今日中にかきます。
ラン振り返りもかかなきゃいけないか。。。
posted by Liu at 02:12| Comment(2) |
この記事へのコメント
『刑事・鳴沢了』シリーズ、全巻読みましたがお気に入りです。
来年もよろしくね〜☆
Posted by miho at 2009年12月31日 23:34
刑事・鳴沢了シリーズやっぱり面白いですか(^^)
11冊か・・・頑張って読みます。
今年もよろしくです。
Posted by Liu at 2010年01月01日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: