2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2010年01月18日

イノセントゲリラの祝祭。

訳あって「1000の小説とバックベアード」の
感想が抜けてますが・・・その話はまた後日。


で「イノセントゲリラの祝祭」を読み終えました。
バチスタシリーズの第4弾。
ジェネラルルージュが面白かっただけに期待しましたが・・・

う〜ん・・・小説と言うよりも海堂尊の意見書?
ミステリーはどこかへいってしまっている。
そう言う本だと思って読めばそれなりに楽しめるのだが、、、
元々バチスタシリーズは全部がミステリーではないと言っても
いいほどミステリー色は弱いのだが。
たまたま最初の作品がこのミス大賞をとっただけ?

で、今回の話にはそれほどのキャラクターも登場せず、
もちろん田口、白鳥コンビは出てくるのだが・・・
あまり事件もおきず、本の中で時折触れられる
「極北クレイマー」の方が気になったりする。
話し自体には社会的な内容でフィクションでありながら
半分ノンフィクションだったり・・・
そして本を使って伝えたいこともわかるのだけれども。。。


もうそろそろ飽きてきたかなと思いつつも
「極北クレイマー」が文庫化されたらまた買うんだろうな。
posted by Liu at 09:27| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: