2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2010年05月10日

2010年4月読本。

ちょっと遅くなりましたが先月の本を振り返ります。

2010年4月読本。
・虐殺器官/伊藤計劃
・GOTH/乙一
・エデン/近藤史恵
・終末のパラドックス/桂木希
チーム/堂場瞬一
・冬の喝采/黒木亮
Story Seller3/さだまさし、他6人

・虐殺器官/伊藤計劃
SFもの。
素晴らしいとの評価だが・・・僕には合わないみたい。
SFが好きじゃない?
話的には関心するとこもあるのだが・・・


・GOTH/乙一
久々の乙一作品。続きものの短編集?
先入観にとらわれてはいけないことを教えられる。
そして先入観で何度もだまされました。
僕は面白いと思います。


・エデン/近藤史恵
サクリファイスの続編。
今回はツールドフランス編?
サクリファイスほどの驚き、面白みに欠ける。
テーマはドーピング?まぁ良くある話。


・終末のパラドックス/桂木希
主人公?の13歳の少女がイメージできない。
13歳に思えないんだよね。
話的には面白いのだが・・ちょっと長い?


チーム/堂場瞬一
箱根駅伝の話。
「風が強くふいている」よりも現実味があり面白い。
実際なくない話である。
走ってる人にはもちろんお勧めの1冊である。


・冬の喝采/黒木亮
続けて箱根駅伝もの、こちらは実話。
主人公の練習量にびっくりさせられる。
川越監督の名前も・・・


Story Seller3/さだまさし、他6人
Story Sellerも今回で3回目。
相変わらず質の高い作品ぞろい。
残念ながら今回でこのシリーズは終わりとのことだが
是非同じような企画をまたお願いしたい。
3冊目もありがとうの意を込めて「」評価。



先月は「優」2作品に出会うことができ感謝。
今月もいい出会いがありますように。
posted by Liu at 12:50| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: