2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2010年06月01日

2010年5月読本。

今月読んだのは下記の8作品。

・シドニーへ 彼女たちの42.195km/増島みどり
・堂場警部補の挑戦/蒼井上鷹
階段途中のビッグ・ノイズ/越谷オサム
・42.195-すべては始めから不可能だった/倉阪鬼一郎
・6時間後に君は死ぬ/高野和明
・PLAY/山口雅也
・告白/湊かなえ
・走れ!T校バスケット部2/松崎洋

・シドニーへ 彼女たちの42.195km/増島みどり
10年前のシドニーオリンピック女子マラソンの話。
選考会、先行後、当日のレース・・・
当時マラソンに興味のなかった僕は「金メダル取ったんだ」
くらいにしか思わなかったが・・・裏ではこんなドラマがあったんだ。
大変面白く読ませていただきました。


・堂場警部補の挑戦/蒼井上鷹
叙述トリックを書きながら小説の中でそのトリックを説明する小説?
今まで読んだミステリーとはまた違う面白みがある。
僕は好きだけど・・・


階段途中のビッグ・ノイズ/越谷オサム
やばい・・・鳥肌が・・・
ラストの方、展開は読めるんだけど、分かっていながら全身が・・・
そう言えばグリーンデイはてっきりバスケットケース1曲で
終わると思ったら今も現役でビックリ(笑)


・42.195-すべては始めから不可能だった/倉阪鬼一郎
う〜ん・・・展開と言い落ちといい・・・今一。
途中途中の給水も・・・ねぇ。
前に読んだ「湘南ランナーズ・ハイ」の方が面白かった。


・6時間後に君は死ぬ/高野和明
ミステリーかな、まぁ面白いと思う。
WOWOWでドラマ化されたとのことだが
著者がもともと映画監督志望と言うだけあって
映像が思い浮かぶ。


・PLAY/山口雅也
こちらも短編ミステリー。ホラー???
上の「6時間・・・」よりこちらの方が面白かったかな。
そしてこちらの方が映像化したら面白いかも。
特に「蛇と梯子」とか。


・告白/湊かなえ
昨年の本屋大賞受賞作品。
本屋の人達は本当にこの作品を読んでもらいたいのか?
すんげー重くて脱出する出口も見つからず・・・
読んでいくうちに自分の嫌な所が見えてきて・・・
とりあえず嫌な気分になれます。


・走れ!T校バスケット部2/松崎洋
1作目に比べるとトーンダウン。
思いのほかバスケシーンも少なく、試合があっさりと描かれすぎ。
もうちょっと熱く描いて欲しかった。



5月も「優」作品に出会えました。
ちょっと採点が甘いような気もしますが・・・
今月もいい出会いがありますように。
posted by Liu at 12:12| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: