2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2010年07月01日

2010年6月読本。

6月に読んだのは下記の6作品。

・強奪 箱根駅伝/安東能明
・1Q84 BOOK3/村上春樹
・青森ドロップキッカーズ/森沢明夫
・フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人/佐藤友哉
・ジェネラル・ルージュの伝説/海堂尊
武士道セブンティーン/誉田哲也


・強奪 箱根駅伝/安東能明
サスペンス物。
人質は箱根駅伝?そんな話がすぐに始まるのだが
読みながら後半が気になってしょうがない。
その前半部分がちょっと長いかな。
ラストの方では駅伝も熱く描かれていてますますはまっていく。
「優」評価でもおかしくない作品。


・1Q84 BOOK3/村上春樹
もともとハルキストでもないので面白さがいまいちわかっていない僕です。
どこに向かって進んでるんだろう。
次のBOOK4で終わりかな?
とりあえずは4も読むとは思いますけど。。。


・青森ドロップキッカーズ/森沢明夫
久しぶりに電車の中で泣いちゃいました。
やぱりスポーツ青春ものに弱い僕です。
カーリングの話なんだけど・・・
途中の展開とか疑問はありますが、まぁいいです。


・フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人/佐藤友哉
う〜ん、いまいち意味が分からなかった。
僕の読解力のなさかもしれないけど・・・
これシリーズものらしいんだけど・・・たぶん読まないかな。


・ジェネラル・ルージュの伝説/海堂尊
凱旋の外伝?
凱旋の話の前後の話と著者の歴史と
今までの海堂作品の解説、それぞれに面白い。
次に文庫化されるのは・・・ジーン・ワルツかな。
ジーン・ワルツは映画が来春公開とのこと。


武士道セブンティーン/誉田哲也
やっぱりこれ面白い。
主人公2人のキャラクターが良く、その周りの人物像も良くできている。
キャラが立っている物語は面白くなる。
シックスティーンに続いて2作連続の「優」。
こうなるとエイティーンにすごく期待。



6月も最後に「優」作品。
感謝感謝。

半年終了で42冊、年間100冊は遠いね。
posted by Liu at 12:08| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: