2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2010年12月01日

2010年11月読本 #book

11月に読んだのは下記の5作品。

・シグナル/関口尚
・瘤/西川三郎
・聖夜の贈り物/百田尚樹
・妖の華/誉田哲也
・カタコンベ/神山裕右

・シグナル/関口尚 Liu的評価:良
青春モノにはちょっと評価が甘くなってしまうのだけど。
設定に無理があったり、敵役?が中途半端だったりするけど
主人公とヒロインの恋愛ストーリー、やっぱり青春っていいな。

関口尚は『空をつかむまで』(トライアスロン)など
スポーツモノを書いているので他の作品も読みたいと思う。


・瘤/西川三郎 Liu的評価:不可
う〜ん・・・サスペンス?ミステリー?
どっちつかずで当たり前の展開で当たり前のラスト。
入り込めるキャラもいなく、愛すべきキャラもいない。
人には勧めないかな。


・聖夜の贈り物/百田尚樹 Liu的評価:可
『ボックス』『永遠の0』など今までの作品は面白かったので
今回も期待したのだが・・・
う〜ん・・・いい風に書きすぎ?
泣かせよう泣かせようとし過ぎ。
いや、泣きそうにはなりますけど・・・ねぇ。。。


・妖の華/誉田哲也 Liu的評価:良
この作品がデビュー作らしい。
この人の作品に外れがない、僕と相性がいいんだろうな。
ラストの方はちょっと急ぎ過ぎの感があるけど
それでも途中までは面白かった。


・カタコンベ/神山裕右 Liu的評価:可
ケイブダイバーと言う洞窟潜水探検家の話?
ケイブダイブという初めて聞いたスポーツ?職業?
こんな世界もあるのかと興味津々。
けどそれだけ?ストーリーが・・・



もう12月、そして今はまだ72冊目(うち1冊未読)。
今年も100冊は読めそうにありません。
それどころか昨年よりもマイナス5冊・・・まぁいっか。



2010年も終わりますし飛びぬけて面白い本に出会いたいです。
で、12月は今さらながら『ゴールデンスランバー-A MEMORY-』
を読む予定なので期待してます。



それでは皆様もより良い読書ライフを。
posted by Liu at 12:01| Comment(2) |
この記事へのコメント
12月は朝ランの代わりに 朝ホンで100冊いきましょう
百田さんの作品は いまいちでしたか
永遠のゼロは、Nさんも絶賛してました
Posted by katou at 2010年12月01日 23:57
年間100冊となると移動時間以外にも本を読む時間を作らないと無理みたいですね。
百田さんの作品は全体的にそうなんですが泣かせようとしすぎです。
今回のはそれがあからさまで・・・(笑)
Posted by Liu at 2010年12月02日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: