2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2011年07月19日

OSJおんたけウルトラトレイル100km #run_jp

行ってきました初トレイル。
いや〜・・・ほんと・・・ねぇ・・・(笑)
100kmってやっぱ長いよ。
あとダメージ大。

それでは振り返りますか。



17日0時スタート。

約600人の参加者のヘッドライトがいっせいに動き出します。
スタートから延々と続くように思える上り。
ほんとどんだけ続くんだよって、すでに心折れ気味。

さらに追い討ちをかけるように10kmくらいで
記念すべき初コケ、左膝打撲、右手の平打撲。
さらにさらに15kmくらいで初足首グギッ、左足首捻挫。
さらにさらにさらに20kmくらいからは股関節に痛みが出てくる。
すでに満身創痍。


第一関門(34km?)到着したのが4時間30分くらい。


このあと不思議と股関節の痛みが消えるのだが
(アロマで貰った魔法のスプレーのおかげ?)
左足首は微妙に痛みがありどうしてもかばってしまう。
そして左足をかばい続けたせいか右足先に痛みが出だし
下りがまったく走れなくなる。
上りで抜いて下りで抜き返されると言う状況が続く。
まだ残り50km以上もあるのに・・・

そして新たな敵が出現、その名も「太陽」
まだ陽も上がりきらない第一関門を出てすぐに
日焼け止めを塗っていたのですが・・・焼け石に水。
コースはほぼ日陰が無く日差しをずっと浴びっぱなし。
僕から水分とやる気を奪っていった。


第二関門(65km?)に着いたのがスタートから9時間弱?


預けていた荷物をもらい、
予定通りソックスを履き替え、Tシャツを着替え、
温いコーラを飲んで、、、
だめだ痛みと暑さと眠気で頭が回らない。
ここに置いて行くはずの荷物をバックパックから
出すのも忘れて出発してしまう。


この辺りはほんとに頭が働かなくて準備してきた補給食も
何をとればいいのか?何をとったのか?さえも考えられず
前に進まなきゃ・・・止まっちゃダメだ・・・そして・・・
もう2度とトレイルなんて出ないぞ・・・そんなことを思ってました。


第三関門(78km?)到着・・・11時間くらい?


ここではソーメンをかき込んで水を補給してすぐに出発。
残り20kmくらい、キロ9分で行っても14時間は切れる。
が、すでにキロ9分さえも困難。
上りはなんとか走れても下りがどうにもならない。
そして残念なことに後半は下りの方が多い

半分、いや9割がた諦めかけていた。

85km過ぎに年配の方が結構スピードで僕を抜いていく。
そして何を思ったかその人についていくことを決める。
キロ6分くらいで走っていたと思う。
大腿部の痛み、足裏の痛み、足先の痛み、肩の痛み、
いたるところが悲鳴を上げいていた。

が、それらの痛みを僕は無視して走った。

何時間ぶりに走っただろう。
たぶんこの日最速のペースで僕は走っていただろう。
そのおじさんに92kmの最後の小エイドまで着いていった。
ありがとう黄色いおじさん!!

ここで大きな貯金を作った僕は14時間ギリを確信。
そのあとはただただ止まることなく進むだけだった。
ラスト2kmはいろんなことを思い返した。
一番に思ったのはやっぱり・・・
もう絶対にトレランなんてやらない(笑)

そして僕はゴールに・・・

13時間31分09秒

記念すべき初トレラン。
僕にとって辛く暑く痛い13時間31分09秒でした。
そしてその13時間31分09秒は・・・・

やっぱりかけがえの無い時間でした。



このレースで出会えた多くの人に感謝。
途中なんどか励ましあったFさんありがとう。
すばらしいタイムで入賞したYさんおめでとう。
posted by Liu at 10:59| レース