2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2011年09月12日

Number Do 駅伝 in 国立競技場

昨日は寛政な面々と共にNumberDo駅伝に出場。
寛政大学からは男子2チーム、女子1チームが参加。
僕は2区4.5kmを担当。
目標は21分以内。

が・・・



実は駅伝でメンバーに迷惑をかけないために
8月末からコソ練をしていた。
走れないなりに頑張ろうと思って・・・

うちの近所の公園の外周は約1.15〜1.2kmあるのだが
そこを4周(1.15kmで計算して4.6km)を頑張って走る。
初日こそ22分17秒(4'50"/km)かかっていたが
数日後には21分37秒(4'41"/km)、
レース直前には20分35秒(4'28"/km)で走れるようになった。

1.15kmで計算したけど実際はもっと長いので
4'20"/km前後では走っていたと思う。
なので駅伝の4.5kmで21分を切ることは楽勝だろうと思っていた。

が・・・



16時レーススタート。
400人以上がいっせいに走り出す。
1区1.5km×4周の6km。
先頭が3周目に入る頃にはすでに周回遅れが。
僕らのチームも上位のほうを走っている。
すぐに僕の番。
襷を受け取って走り出す。

周回遅れの人たちがいっぱいいて気持ちよく抜いていく。
その気持ちよさが無駄に僕のペースを上げさせて・・・

たぶん俺バカ・・・

1周目LAPをとり忘れたがバックストレートで時計を見たときに
まだ7分だったので6分30秒かからずに走ったんじゃないだろうか。
明らかにオーバーペース。
そしてすでにわき腹痛。

2周目の上りで一気にペースダウン。
わき腹が痛くてどうにもこうに身体が動かない。
そこからはもうグダグダで・・・

ラスト1周は8分近くかかってどんどん抜かれていく。
4.5kmで21分37秒・・・はぁ・・・ダメだ。

失意の中、次に続く走者の応援を。
みんな頑張ってる。
もう少し頑張ればよかったかなとちと後悔。

でもまぁ・・・

僕自身はボロボロだったけど駅伝って楽しい。
速い人も遅い人もごっちゃ交ぜで襷をつないで。
みんな声援をおくって、もらって。
まぁ一番楽しいのはその後の打上げだったりもするんだけど。



次は東日本国際駅伝 。
コースは東日本国際親善マラソンと同じかな?
4年前に走った僕のワーストハーフレース。
いやな思い出・・・
微妙にアップダウンがあったような記憶が。

まぁいいや。

距離は500M伸びるけど今日の21分37秒より
速く走れるように頑張ろう。
posted by Liu at 12:32| レース