2010/10/30更新 「走ることについて語るときにLiuの語ること最終章」
2013/09/15更新 「Liuの出場全レース結果+α」 
2011/02/18更新 「Liuが読んだ本」 
2014/01/11更新 「History of Liu's Running Shoes」 

2013年05月07日

UTMF 2013 前編

昨年のことを思い出しながら僕は進んだ。
今年は昨年より制限時間が2時間短い。
だから序盤の走れるところはできるだけ走ろうと決めていた。

が、

いきなりの渋滞。
ほぼシングルトラックのため追い抜きもできない。
正直焦る。
まだまだ始まったばかりなのは分かっていたが、
僕みたいな制限時間ギリギリな人はここでのロスは厳しい。
それでも無理やりに抜くことはしない。

だって大人だから(笑)

道中「昨年のドラゴンズの!?」と声をかけられる。
僕の巨漢ぶりに驚いたことだろう(笑)

渋滞はどれくらい続いたか、
A1まではかなり止まった気がする。

4月26日 17時16分36秒 A1到着:11.6km
(LAP:2時間16分30秒 865位)


A1からA2の区間は順調に進んでA2からW1の竜ヶ岳で足馴らし。

4月26日 19時10分 A2到着:23.8km
(LAP:1時間53分30秒 SPLIT:4時間10分00秒 954位)


A2は最初の関門、時間は26日20時まで。
渋滞にはまったせいか思ったより貯金できず。
UTMFの出場者は1000人くらいだからほぼ最下位。
まぁでも順位は関係ない。

ただ左足首に痛みが・・・
別に捻った記憶もないのだが痛い。

4月26日 22時34分45秒 W1到着:36.0km
(LAP:3時間05分25秒 SPLIT:7時間34分39秒 913位)


ここでの関門時間は26日23時30分。
わずかの貯金上乗せしかできず。
また足首の痛みがどうにも厳しいので
テーピングでガチガチに固める。

そして次は昨年死亡したA3の西富士までの区間。
前半、はうようにして登り続ける。
気をぬくと一気に下まで転げ落ちただでは済まなそう。
必死にトレッキングポールを地面に突き刺し這い上がる。
進み続ければゴールできると信じて。
しかし昨年のこの区間の地獄を思えば
今年はだいぶ楽に感じた。
昨年の経験があるからか、コース変更のためか、
どちらにしろ天使岳も思いのほか楽?にクリアして到着。
西富士中学校へ。

4月27日 5時45分31秒 A3到着:54.9km
(LAP:7時間10分46秒 SPLIT:14時間45分25秒 640位)


関門時間は27日6時30分、貯金減少。
焦りはない。
それよりお腹すいて、、、
昨年食べれなかった鹿カレーを探すもない。
今年はお粥に変更らしい、残念。

この後、A3からW2、A4のこどもの国まではだらだらと続く登り。

4月27日 8時25分29秒 W2到着:64.4km
(LAP:2時間17分21秒 SPLIT:17時間25分23秒 839位)


嫌になるような単調な道。
が、途中、僕のことを知ってくれていた若者と
こどもの国までいろいろ話しながら走った。
一人なら確実に歩いてた、ありがとう若者!!

4月27日 11時27分37秒 A4到着:79.3km
(LAP:3時間02分08秒 SPLIT:20時間27分31秒 771位)


関門時間まで2時間を残してこどもの国に到着。
ようやく半分。
昨年より3時間遅い。
が、ペースは間違っていない。
僕がゴールするためにはこのペースを守ることが大事。
とにかくここからが本当のスタートだ。

僕は荒木ユニ(ホーム)を脱ぎ、
大島ユニ(ビジター)に着替えた。

この時は時間にも余裕があった。
心にもゆとりが、、、



後半へ。
posted by Liu at 22:50| レース